14才女優・茅島みずき、「令和のニューヒロイン」として注目

14才女優・茅島みずき、「令和のニューヒロイン」として注目

「令和のニューヒロイン」として注目の茅島みずき

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は注目の若手女優・茅島(かやしま)みずきについて。

 * * *
 令和最初の「TGC」(東京ガールズコレクション)が9月7日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが発表され、女優としても大活躍している新木優子や新川優愛、中条あやみら出場モデルが発表された。

 さらには、いまではバラエティー番組になくてはならない存在となっている池田美優(みちょぱ)や藤田ニコル、「出川ガール」としてブレイクし、女優でもあるバイリンガルの河北麻友子など、人気モデルらが最新秋冬ファッションを身に包み、ランウェイを歩くことも。同年代の女子からも好感度の高い彼女たちが、大歓声を浴びることは間違いないだろう。

 そんな中、「茅島みずき」の名前に目が留まった。いま、「令和のニューヒロイン」として業界人の多くが大注目していることでも知られている彼女。ガルコレ出演は3月、横浜アリーナで行われた「春夏」と、4月、「グランメッセ熊本」で行われたコレクションに続いて3回目となる。

 最近の若手女優は、モデルとして「ランウェイ」の実績をプロフィールに記すのが必須。同性のファンを増やす近道であると同時に、「女優だけより、モデルとしても活躍しているほうがカッコイイ」というのが「今」なのである。

 茅島みずきは、2004年7月6日生まれの14才。現在、「ポカリスエット」のCMに出演中の長身の女の子と言われれば、「あぁ、中央でいちばん目立っている子?」とピンとくる方も多いだろう。

 170センチの長身は、まだまだ伸びる可能性大。女性向け商材のイメージキャラクターとして、広告代理店のキャスティング担当が大注目している“逸材”でもある。資生堂が新しく定義するジャパニーズ・ビューティー(Japanese Beauty |SHISEIDO)の映像の全シーンに一人で出ているのも茅島みずきだ。

◇ゴルフはベストスコア「70」という腕前

 そんな彼女のプロフィールを語るとき、忘れてはならないのが、地元・長崎県で小学2年生の頃から始めたゴルフだ。祖父の影響だったそうだが、放課後、親御さんが学校までクルマで迎えに来て、そのままゴルフ場へ直行。日が暮れると、今度は“打ちっぱなし”に行って何十発、何百発と打ち込み、帰宅してからも鏡の前でスイングをチェック。夕食は、「パターが●本入るまで、食べさせてもらえない」という毎日を送っていたそうだ。 

 なんと、ベストスコアは70。当然、プロゴルファーを目指し、多くの大会に出場していたのである。

 だが、小6のとき、優勝を狙って出場した全国大会で思うように実力が出せず、その後、少しゴルフと距離を置いていた頃、気分転換ぐらいの気持ちで受けた『アミューズ』のオーディションに合格したことから、芸能界入りにシフトしたそうだ。

 昨年7月、「スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストXオンライン』」のCMに出演。そして「ポカリスエット」のCMへと続く。「ポカリスエット」のCMといえば、過去に、宮沢りえ、一色紗英、中山エミリ、綾瀬はるか、川口春奈、そして中条あやみら、初々しさと美しさをかねそなえた若手女優の登竜門として知られている。

 聞くところによると、茅島みずきは、オーディションでゴルフのスイングをしてアピールしたといい、恐らくそのとき、「ベストスコア70」も明かしたと思われる。おじさんたちが集まる大型オーディションでは、「ゴルフがプロ級の腕前」というのは好ポイントだったに違いない。

◇CM撮影のため毎日5時間のダンス“自主練”

 さらに、高身長で大人っぽいルックスは「この子はモノが違う」と審査員を唸らせたことと思う。

「ポカリスエット」は、昨今のトレンドである“ダンスCM”であり、“団体CM”だ。が、どこからどう見てもメインは茅島みずき。特にラストシーンは、多くの視聴者が「カッコイイ」と感じる仕上がりだ。
 
 御存知のように、いまは「ダンス」が中学校で必修科目ゆえ、この年代の少年少女の多くは、それなりに踊れてしまうのだが、茅島のそれは、図抜けている。
 
 ゴルフ同様、ダンスも得意なのかと思いきや、あそこまで本格的な振付に挑戦するのは「初めて」だったというから驚く。

 茅島は振付開始から本番まで、毎日5時間、先生についてレッスンを行い、そこからまた自分でダンススタジオに通い、自主練をしていたというから驚きだ。恐らく、プロゴルファーを目指していたときのノリで「ポカリスエット」のCM撮影にも挑戦したのだろう。

 とにかく14才には見えない大人っぽさなのだが、目標にしている女優が「永野芽郁」、好きなアーティストは「Mrs.GREEN APPLE」、カラオケや入浴中によく歌うのは「Aimer」など、圧倒的な“若さ”を感じずにはいられないプロフィールが眩しい。

 茅島みずきは、清原果耶を育てたスタッフが担当しているのだが、注目されたときの年齢は同じでも、茅島は清原とは異なる道を歩むに違いない。

「透明感と強さをもつ」「非常に負けず嫌いで、めちゃめちゃ努力します」とは、そのマネージャー氏のコメント。よき理解者にも恵まれ、令和元年、茅島みずきは華麗に羽ばたく。

関連記事(外部サイト)