竹内結子「おでんにもパンにも味噌汁」の実家ルール告白

竹内結子が映画『長いお別れ』の試写会に登場 蒼井優、松原智恵子らが登場

記事まとめ

  • 竹内結子が映画『長いお別れ』の試写会に登場し、“家族のルール”を明かした
  • 竹内の実家はどんな食事であっても味噌汁がついてくるというルールがあるとのこと
  • 同映画には竹内結子のほか、山崎努、蒼井優、松原智恵子らが出演する

竹内結子「おでんにもパンにも味噌汁」の実家ルール告白

竹内結子「おでんにもパンにも味噌汁」の実家ルール告白

映画『長いお別れ』出演者と中野量太監督

 認知症の父・昇平を山崎努、長女を竹内結子、次女を蒼井優、昇平を献身的に支える妻の曜子を松原智恵子が演じる、映画『長いお別れ』。映画評論家らの間では、山崎の名演が早くも話題を呼んでいる本作のプレミア試写会が行われ、蒼井、竹内、松原、北村有起哉、中野量太監督が登場した。

 映画のテーマが「家族」であることから、登壇者たちが“家族のルール”を明かす一幕も。ちなみに、竹内の実家はどんな食事であっても味噌汁がついてくるというルールがあるとのこと。シチューだろうが、おでんだろうが、パンだろうが、絶対に味噌汁が出たというが、中林大樹と結婚したばかりの現在は実践していないという。

■撮影/小彼英一

関連記事(外部サイト)