人気ビール売り子の二刀流、台湾プロ野球でチアになるまで

人気ビール売り子の二刀流、台湾プロ野球でチアになるまで

日台で二足のわらじを履く今井さやか

 今井さやか(29)は、千葉ロッテマリーンズの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」の人気ビール売り子だ。実は彼女は、台湾プロ野球ラミゴ・モンキーズのチアグループ「LamiGirls」のメンバーというもう一つの顔を持つ。

 千葉で試合があるときはサーバーを担いでビールを売り、試合のない週末に月イチの頻度で台湾へ渡りチアガールに変身。二刀流の大谷翔平も真っ青の二足の草鞋を履いている。

 彼女が所属するLamiGirlsは、台湾リーグのチアチームの中でも、抜群の人気・知名度を誇る。総勢22名のメンバーは多彩な顔触れだ。バラエティー番組出演などタレント活動をするメンバー。現役のCMタレントにモデル。インスタグラムで50万人のフォロワーを抱える売れっ子もいる。いわば、台湾のアイドルグループ的存在だ。

 台湾リーグでは、日本に比べてかなり独特な応援スタイルでファンが応援を楽しんでいる。ラミゴのホーム「桃園国際棒球場」では、ラミゴファンは内野スタンドに陣取る。味方の攻撃中は、一塁側、三塁側のベンチ上で男性リーダーとチアガールが中心となり、掛け声とダンスでスタンドを盛り上げる。初回の攻撃時からファンは総立ち。日本の外野応援団席と同じような風景が、内野スタンド全体で広がる。

 守備の間、LamiGirlsたちはベンチ上の最前列席に座って観戦するのだが、桃園球場では試合のチケットが、バックネット裏ではなく、彼女たちの座席周囲から売れていくというから驚きだ。ちなみに、このエリアは現地で「熱區」(ルーチュー。意味はホットスポット)と呼ばれているそうだ。

 では日本のビールの売り子が、どのような経緯で人気チアグループの一員となったのか──。きっかけは、2014年10月31日〜11月2日に、台湾で行なわれたラミゴとロッテの交流戦を現地観戦したことだった。

「スタンドで観戦していたら、現地の新聞に『日本からきた女性ファン』という特集で取材されたんです」(今井。以下、発言は彼女のもの)

 翌日の紙面で〈北川景子似のビールの売り子がやってきた〉という見出しとともに紹介されると、一気に人気に火が付き、球場には彼女目当てのカメラ小僧も現われ、座って観戦できないほどの騒ぎになったという。

「それ以降も、プライベートで何度か観戦に来るようになったんです。チアとファンが、いっしょに応援する。お互いの距離が近い。独特の応援スタイルが楽しくて気に入りました」

 この彼女の人気ぶりは、球団スタッフの耳にも届いていた。

「何度か観戦するうちに球団スタッフの方と知り合いになり『ビールの売り子をやらせてもらえませんか』と提案したんです。台湾の球場では、冷やした缶ビールを売るだけなので、日本式でやったら流行るんじゃないかと。そうしたら、『君、踊れるの?』と逆に質問されてしまって…。ダンスは習っていたと伝えたら『じゃあLamiGirlsやってみよう』と(笑い)。自分でもビックリです。球団からすぐに、100曲以上の応援歌の動画が送られてきて、ダンスをすべて覚えるのが大変でした」

 台湾のファンは日本のファンに比べて積極的だという。

「日本語を勉強して、『さやか、好きです』なんて声を掛けてくれるので、そういう姿勢は素直に嬉しいですね。台湾男性との結婚ですか? …アリかナシかで言ったら、アリですね(笑い)。台湾男性は優しいです。球団スタッフの方も、送迎の際にさりげなく車のドアを開けてくれたり。そういう面は『いいな』と思います」

 平日の昼間に別の仕事もしている彼女は、休みがほとんどない生活を送るが、「好きなことをやらせてもらっているので毎日、楽しいですよ」と笑う。

「台湾のファンの方には、日本流のスタジアム・ビールの美味しさを味わってもらいたいですね。日本のファンの方には、ラミゴの良さを伝えたいです。私が初めてラミゴの試合を観て感動した、この応援スタイルの楽しさを体験してほしい。そんな日本と台湾の交流に、少しでも役に立てたら嬉しいです」

※週刊ポスト2019年6月14日号

関連記事(外部サイト)