山ちゃんが蒼井優と結婚で“モテない芸人”の勢力図は?

山ちゃんが蒼井優と結婚で“モテない芸人”の勢力図は?

会見には山ちゃん、蒼井優だけではなく、しずちゃんも出席(写真/共同通信社)

“山ちゃん”こと南海キャンディーズの山里亮太が5日、女優の蒼井優との結婚を発表。“モテない芸人”のリーダー格だった彼が結婚することで、勢力図はどう変わるのか?

 異色カップル誕生のきっかけは、相方の“しずちゃん”こと山崎静代だった。しずちゃんと蒼井は大ヒット映画『フラガール』(2006年)で共演したことがきっかけで友人となり、山里はしずちゃんを介して蒼井と食事するように。蒼井はこれまで多くの俳優と恋の噂が流れた”恋多き女”だったが、最終的にゴールインまでこぎ着けたのは山里だった。

 山里は5日の記者会見で、「モテてない事実は、ずっとある」「これからもチャラチャラとモテてる人に怒りは持つと思う」などと、モテないキャラを貫く意志を示したが、これからもモテない芸人としてやっていくことが果たして可能なのか? お笑い業界に詳しいフリーライターは言う。

「言うまでもありませんが、山里が今後、モテないアピールをしても残念ながら説得力はほとんどないでしょう。確かに彼はこれまでモテないキャラでやってきましたが、すでにそれは“終わった話”。漫才やフリートークはもちろん、MCもでき、ラジオやエッセーもこなせる山里は関係者の評価も高く、モテないキャラを続けなくても彼を使いたい人間はいくらでもいます。この結婚によっても仕事のオファーは増えるでしょうから、しばらくは“のろけキャラ”でいくことになるんじゃないでしょうか」

◆山里に続く“モテない芸人”は現れるのか?

 これまで散々、モテないことをアピールしてきた山里。会見では頑なに“ビジネス非モテ”を否定したが、彼を含むモテない芸人は本当にモテないのか?

「オードリー若林(正恭)が典型的な例ですが、芸人の”モテない””女性が苦手”というのは、話半分に聞いたほうがいいでしょう。若林はことあるごとに“人見知り”“女性と話すのが苦手”と言っていましたが、実際には女優の南沢奈央と付き合っていました(その後、破局)。

 お笑い芸人のファンは圧倒的に女性です。かなりマイナーな芸人でも女性ファンは必ずいるもの。ましてテレビに出るような売れっ子芸人に女性ファンがいないはずがありません。今のように好感度が高まる前の出川哲朗も、かつてバラエティー番組で“ずっとモテモテだった”と告白したことがあります。芸人たちがモテないアピールをするのは、その方がネタにもなるし世間の印象がいいからですよ」(前出・フリーライター)

 しかし、山里の結婚により、確実にモテない芸人の枠は1つ空くことになる。その代表でもあった山里が”イチヌケ”したことで、勢力図にどのような変化が生まれるのか? テレビ関係者はこう語る。

「まず、炎上をまったく恐れない安田大サーカスのクロちゃんは盤石でしょう。また、“モテない”の中でも少し毛色の違う“キモい枠”のアンガールズ田中(卓志)も鉄板です。キャラがかぶらない芸人はやっぱり強いです。

 一方、今田耕司、ナイナイ岡村(隆史)、又吉直樹、徳井義実ら、独身を貫く『アローン会』のメンバーには逆風が吹くかもしれません。山里に比べて容姿が整い、仕事でも成功している彼らが結婚できないアピールをしても、視聴者は“贅沢を言っているだけ”と思うでしょうから」

 ベテラン芸能記者の石田春男氏は今後、モテない芸人たちに追い風が吹くと予想する。

「芸人の間では“モテない”や“ブサイク”といった要素も立派な武器です。実際、ブラマヨ吉田や小杉、フット岩尾、インパルス堤下、アインシュタイン稲田など、自分の容姿をネタにする芸人は多く、アンガールズ田中の“キモい”も、その1つでしょう。

 ただ、昨年、バナナマンの日村勇紀が元NHKアナの神田愛花と結婚し、今回、山里が蒼井と結婚したことで、“そういうカップルもアリなんだ”という空気が確実に醸成されつつあります。

 今回の山里と蒼井の結婚報道を見ると、微笑ましいニュースとして非常に好意的に受け止められており、これまでは自虐ネタに終止するだけだったモテない芸人やブサイク芸人たちには、“山ちゃんのような幸せを目指す”というポジティブな新機軸が生まれました。世間は明るいニュースを欲しており、今後しばらく“山ちゃんに続け”と、バラエティー番組などで彼らの需要が高まる可能性はあるでしょう」

 新時代・令和は“美女と野獣婚”が流行るかも?

関連記事(外部サイト)