西島秀俊、伊藤淳史を自宅に呼びラタトゥーユを振る舞う

西島秀俊、伊藤淳史を自宅に呼びラタトゥーユを振る舞う

人気子役だった伊藤(右)の方が芸歴は長いが、西島を先輩として慕っている

 食通のゲイカップルが急に自宅へやってくることになっても、いつも通り庶民的なスーパーで買った食材で、ちらし寿司や筑前煮などを作る。その味にカップルと恋人・ケンジも大喜びで──。

 ゲイカップルの日常を描いた今クールの話題作『きのう何食べた?』(テレビ東京系)第8話で、西島秀俊(48才)が演じる弁護士・シロさんは手際よく料理を作った。

「ドラマのためにキャベツの千切りを練習したという西島さんはすっかり包丁さばきの腕を上げました。それがきっかけで料理にもハマったようで、先日は自宅に俳優の友人を招いて、ドラマさながらに料理を振る舞ったそうです」(ドラマ関係者)

 その俳優とは伊藤淳史(35才)。西島とは『チーム・バチスタ』シリーズ(フジテレビ系)での共演がきっかけで仲を深めていったという。その後も、『ダブルフェイス』(TBS系)や『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系)など、共演は多い。

「同じ事務所の先輩と後輩で、周りからは仲よしコンビと呼ばれ、プライベートでも家族ぐるみでつきあう10年来の仲です。よく伊藤さん一家が、西島さん宅を訪れています。西島さんの奥さんが作る料理が大変おいしいそうで、伊藤さん一家は西島さんが留守の時でも奥さんに連絡して食事をごちそうになることもあるみたいです」(芸能関係者)

 しかし、5月上旬、伊藤家に料理を作ったのは西島だった。その「勝負メシ」はいったい何だったのだろうか。

「メニューは、ドラマの第3話でシロさんが披露した、チキンのトマト煮込みをアレンジしたラタトゥーユ。ほかにも、グラタン、牛肉の煮込みにサラダでもてなしたそう。もちろん味は完璧で、伊藤さん一家は“おいしい!”と大絶賛だったようです。西島さんも作った甲斐があったとご満悦だったとか。映画の撮影などで多忙な西島さんは、いい気分転換になったと喜んでいました」(前出・ドラマ関係者)

 シロさんの料理を堪能した伊藤に、ケンジがヤキモチを焼かなければいいけれど。

※女性セブン2019年6月20日号

関連記事(外部サイト)