芸能界美人姉妹列伝 トクをするのは姉妹どっちか

芸能界美人姉妹列伝 トクをするのは姉妹どっちか

美人姉妹を大研究(Getty Images/時事通信フォト)

 広瀬すず・広瀬アリス姉妹など、美人姉妹が昨今の芸能界を席巻している。日本中が注目する10組についてまとめてみた。

●姉妹同時の大ブレイクで時代の寵児に
【姉】広瀬アリス(24・女優)【妹】広瀬すず(20・女優)
 映画『海街diary』『ちはやふる』から朝ドラ『なつぞら』で妹・すずがリードしているが、2017年の朝ドラ『わろてんか』などで姉・アリスの評価も上昇。現在、姉妹ともに売れっ子女優として引く手あまた。

●人気女優筆頭株の妹を整形告白した姉が追う

【姉】有村藍里(28・グラドル)【妹】有村架純(26・女優)
 姉・藍里は2006年頃から「新井ゆうこ」として活動。妹・架純は2010年のデビュー後、2013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で脚光を浴び、2017年には同『ひよっこ』でヒロインに。姉は今年美容整形をしたことで話題に。

●平成を代表する美人姉妹といえば、この2人

【姉】石田ゆり子(49・女優)【妹】石田ひかり(47・女優)
 16歳の姉・ゆり子が自由が丘でスカウトされた数日後、13歳の妹・ひかりも同じ事務所に二子玉川でスカウトされた。ドラマ『あすなろ白書』主演などで姉より早く脚光を浴びたひかりだが、現在はゆり子も癒し系女優として人気を博す。

●ともに代表作を持つ稀有な大物女優姉妹

【姉】倍賞千恵子(77・女優)【妹】倍賞美津子(72・女優)
 女優ながら姉妹ともに売れた稀有な例。姉・千恵子は映画『男はつらいよ』、妹・美津子は『3年B組金八先生』などが代表作。

●正反対のイメージで棲み分け上手な姉妹

【姉】荻野目慶子(54・女優)【妹】荻野目洋子(50・歌手)
 姉は1979年デビュー。1983年『南極物語』で人気上昇。妹は1984年にソロデビュー。一昨年、『ダンシング・ヒーロー』で再ブレイク。

●松田優作を射止めた妹と18歳年下男性と再婚した姉

【姉】熊谷真実(59・女優)【妹】松田美由紀(57・女優)

 母・清子はねじめ正一氏の小説『熊谷突撃商店』『熊谷キヨ子最後の旅』のモデル。姉妹の話も出てくる。

●姉・美穂の芸能活動再開で姉妹共演の期待も

【姉】中山美穂(49・歌手/女優)【妹】中山忍(46・女優)
『世界中の誰よりきっと』などの大ヒット曲を持つ姉・美穂に水をあけられていた妹・忍だが、地道な積み重ねで存在感のある女優に成長。

●32年目で初共演した和服の似合う美人姉妹

【姉】真野響子(67・女優)【妹】眞野あずさ(61・女優)
 1973年デビューの姉、1982年デビューの妹の初共演は、2014年のテレビ東京系のドラマ『マトリの女』。

●『聖母たちのララバイ』『タッチ』ともに大ヒット曲を持つ実力派姉妹

【姉】岩崎宏美(60・歌手)【妹】岩崎良美(57・歌手)
「ヒロちゃん」「ヨシリン」と呼び合う仲良し姉妹。実は、一般人の長女がいる三姉妹。

●今や紅白常連ユニット姉妹ならではハーモニーで魅了

【姉】安田祥子(77・声楽家)【妹】由紀さおり(70・歌手)
 当初は別々に活動していたが、1980年代半ばから姉妹でコンサートを始め、昨年まで姉妹で10度紅白歌合戦に出場。

※週刊ポスト2019年6月21日号

関連記事(外部サイト)