桑田佳祐、20年ぶりに「伝説曲」の封印を解いた理由

桑田佳祐、20年ぶりに「伝説曲」の封印を解いた理由

20年ぶりに封印が解かれた

 その曲のイントロが流れ出すと、客席からは驚き混じりの歓声があがった──。6月16日、サザンオールスターズのデビュー40周年ツアーが千秋楽を迎えた。桑田佳祐(63)は、デビュー曲の『勝手にシンドバッド』から最新曲まで30曲以上を披露。そのラストに歌い上げたのが、『旅姿四十周年』だった。

 1983年に発表されたこの曲は、元々『旅姿六人衆』というタイトルだった。これに、コアなサザンファンが敏感に反応した。

〈ずっと聴きたくて待ちわびていましたが、封印されてしまったかのように思っていました〉
〈余韻がまだ残ってます。幻の曲が幻でなくなった瞬間でした(涙)〉

 インターネット上には、そんなコメントが躍った。なぜ“封印された曲”なのか。芸能関係者が明かす。

「サザンは、デビュー当時は6人組でした。ですが、2001年にメンバーの1人が脱退。2006年にそのメンバーが事件で逮捕された。1998年のライブで歌ったのを最後に、脱退以降、『旅姿六人衆』がライブなどで披露されることはなく、ファンの間では“6人組じゃなくなったからもう歌われない”と囁かれていた」

 それだけに、桑田が20年ぶりに伝説の曲を歌ったことに、ファンの喜びはひとしおだったようだ。音楽関係者は次のように話す。

「たまたま披露する機会がなかっただけで、桑田さんをはじめサザンのメンバーには、“封印”という意識はなかったそうです。今回、ツアーのトリにもってきた理由は、同曲がサポートメンバーや裏方スタッフへの感謝を歌ったものだから。40年の節目に、改めてこれまでサザンに携わってくれた多くの人に感謝を伝えたかったようです」

 この10年は、ソロ活動の重視や5年間に及ぶ活動休止などもあり、サザンというバンドとしての露出は少なかった。

「昨年末に紅白歌合戦に35年ぶりに出演し、今回のメモリアルツアーを経て、“サザンとしての活動”を充実させていく考えだそうです。新曲やアルバムのリリースはもちろん、サザンゆかりの地である神奈川・茅ヶ崎でのイベントといったプランも浮上している」(同前)

※週刊ポスト2019年7月5日号

関連記事(外部サイト)