高田文夫が言及 闇営業、蒼井優、爆問&オードリーの違い

高田文夫が言及 闇営業、蒼井優、爆問&オードリーの違い

高田文夫が芸能界を斬る(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、ホットワードになった「闇営業」問題を建設的に解消する方法、孫世代にはやさしい“幸せな晩年”を味わった一週間を振り返る。

 * * *
【1】今週きこえてきたいろんな言葉。まさに“一寸先は闇営業”。闇とはまた怖い言葉だ。事務所を通さない直の仕事を関東では“ショクナイ”と昔から呼んだ。きっと“内職”を逆さに言ったものだろう。私も若き日はついていた先生に内緒でいろんなものを書いたりした。

 ミッツ・マングローブがテレビで「うちのおじさん(徳光和夫)なんて局に黙ってショクナイで家まで建てちゃったわよ」

【2】私も考えた。折角宮迫が司会をやっているんだから入江プロデュースで緊急特番『ダメトーク・闇営業芸人』というのはいかがか。

【3】武道館ライブまで見に行くほど大好きなオードリーが私のラジオにやってきた。若林が不満たらたら「山里ふざけてますよネ。しずちゃんからも色々言われてて蒼井優はただの山里ファンだったんですから。早い話、山里はそのファンに手を出したんすよ」「アハハ、だったら原田龍二と同じだな」と私。このやりとりを耳にしたらしい山里、自分の深夜ラジオ番組で「そんな……オレ車持ってねぇし……」だと。10分で済ます気か。

【4】BSで月曜夜11時からやっている、玉袋筋太郎の『町中華で飲ろうぜ』がたまらない。ギョーザだレバニラだで毎回ビールの大瓶をグイッとやる。大瓶は633ml、グッと呑み干し「6・3・3は男の義務教育!」うまいこと言うなァ。

【5】演劇人であり喜劇人でありとにかく変人の清水宏が“日本スタンダップコメディ協会”なるものを勝手に立ちあげ傑作。6月5日、紀伊國屋ホールをのぞくと汗びっしょりで叫んでいる。「いいですか、皆さん。これからは右翼だ左翼だなんてもめてる場合じゃない。金持ちか貧乏か。上か下か。そう、我々貧乏演劇人は“下翼”なんです。最底辺なんです。50過ぎてノルマのチケット売らされて……下翼なんです」カヨク……この響きがなんとも面白い。

【6】平日の夕方TBSのニュース。大体4時半頃、天気予報士の森田さんとからむ小林由未子アナが優しい物言い。介護のようで可愛い。小林アナがいいと気付いたのはマスコミの中で私が初だろう。あぁ……森田さんになりたい。

【7】私とオードリーがはしゃぎ過ぎてるラジオを聞いて、爆笑問題の太田が自分のラジオで「高田センセー本当に嬉しそうだったな。あれは“幸せな晩年”だな(大瀧詠一は『幸せな結末』)。俺達爆笑とか浅草キッドとか松村邦洋には厳しいのに、オードリーとか神田松之丞は何でも可愛いんだよ。やっぱ孫がいいんだろうネ」その通り。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2019年7月5日号

関連記事(外部サイト)