「世界4大ミスコン」出身 各界で活躍する日本の美女

「世界4大ミスコン」出身 各界で活躍する日本の美女

レポーターの阿部祐二を父に持つ阿部桃子(EPA=時事)

 6月に開催されたミスコンの東京大会で、土屋太鳳の姉の土屋炎伽がグランプリに輝き、大きな話題となった。1888年で世界初のミスコンがベルギーで開催されてからおよそ130年。「世界4大ミスコン」で世界に伍して美しさを磨いてきた日本女性たちを紹介しよう。いずれも主催は異なる。

【ミス・ユニバース】
◆1978年日本代表 萬田久子(61)
 メキシコ・アカプルコでの世界大会では受賞を逃したが、1980年のNHK朝ドラ『なっちゃんの写真館』で女優デビュー、 実力派として今も第一線で活躍する。

◆2017年世界大会「ナショナルコスチューム(民族衣装)部門」最優秀賞 阿部桃子(24)
 父はレポーター・阿部祐二氏、母はプロゴルファー・阿部まさ子氏。約5000人の応募者から日本代表に選出。世界大会では忍者風の衣装や着物風のドレスを披露して注目された。

【ミス・ワールド】
◆2013年日本代表 田中道子(29)
 モデルとしてミス浜松などの経歴を持ち、東日本大震災 でのボランティア活動などが評価され日本グランプリに 選出された。現在は女優として活躍。

【ミス・インターナショナル】
◆2012年世界大会グランプリ 吉松育美(32)

 ミス・インターナショナル世界大会で日本人初のグランプリを受賞。地元・佐賀県鳥栖市で行なわれた凱旋パレードには約1万2000人がお祝いに駆けつけた。

◆2016年世界大会ファイナリスト 山形純菜(25)

 読者モデルとして活動していた大学在学中の2016年に出場、ファイナリストに選ばれる。現在、TBSのアナウンサーとして活躍中。

【ミス・アース】
◆2016年第16回日本代表 蜂谷晏海(あみ)(27)

 世界大会では無冠に終わったものの、現在もモデル業のほか、女優として映画に舞台に、活躍の幅を広げている。

◆2014年第14回日本代表 永田レイナ(27)

 受賞の翌年には下着メーカー・トリンプのイメージガールに選ばれるなど、ファッションモデルとしての地位を確固たるものにした。

取材・文■小野雅彦

※週刊ポスト2019年7月5日号

関連記事(外部サイト)