宮迫博之の息子、「宮迫」の姓を捨て実力で芸人目指す男気

宮迫博之の息子、「宮迫」の姓を捨て実力で芸人目指す男気

振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、「無期限謹慎」となった宮迫

 闇営業問題で謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)だが、その息子がお笑いの世界に足を踏み入れていたことがわかった。

 現在、とあるお笑いコンビでツッコミを担当するのが、宮迫の息子である陸くん(18才)だ。中学2年生の時には友人とお笑いコンビを結成。めきめきと頭角を現し、高校生の時には知られた存在に。高校生の全国漫才大会にも出場し、トップクラスの人気を集めた。高校3年生の時には150人収容のホールを満席にした“実績”もある。

 今年4月、大学に進学するとお笑いサークルに所属。今では月に3〜5本のペースでお笑いライブに出場し、腕を磨いているという。

 だが、宮迫は息子の活躍を不安に思っていたようだ。宮迫は過去のインタビューで、陸くんが「芸人になりたい」と口にした際に、「二世芸人で成功しているケースは少ない。正直いって勧めない」と語っている。

「宮迫さんは下積みが長く苦労人です。後輩のナインティナインが先に東京で売れたという屈辱も味わい、やっとの思いで東京進出を果たしたものの仕事がなく、大きな挫折を味わった。芸人として成功するのがどれだけ大変かを知っているからこそ、息子には芸人を目指してほしくないという気持ちだったんでしょう」(芸能関係者)

 宮迫はバラエティー番組でもたびたび息子のエピソードを披露するなど、子煩悩でも知られてきた。陸くんが幼い頃から彼のために毎朝弁当を作り、それは彼が高校を卒業するまで続いたという。

「2012年に胃がんを患った時も、胃がんのことを報道で知られる前に、“少しでもショックを和らげよう”と、当時小学6年生だった陸くんに、病気を打ち明けたそうです。泣かれることを覚悟していたそうですが、陸くんから返ってきたのは“大丈夫。パパは絶対に大丈夫。すごい人やから大丈夫”という言葉だった。宮迫さんは号泣して“この子をひとりにはさせへん。絶対に治さなあかん”と決意したそうです」(宮迫の知人)

 そんな父親の思いを知ったうえで、本気でお笑い芸人の道を踏み出した長男。

「彼は芸人を目指すと決めた時から宮迫姓を捨てた。親の名前を借りずに、純粋に自分たちコンビの実力で評価されたいからです。それで母親の旧姓を芸名にしたんです。最近は舞台に立つ時はもちろん、日常生活でも芸名で通していることが多い。男気があるタイプですよ」(陸くんの知人)

 ユーチューブにアップされている漫才動画も話題で、着実に芸人の道を歩んでいることがうかがえる。

「初めてコンビを組んだ相方と今もコンビを続けています。ちなみに好きなお笑い芸人はバナナマンと言っていますが、本当はお父さんなんでしょうね。お父さんのコネを使わず自分の実力で勝負したいと名前をひた隠しにしていましたが、今回の事件で、もし宮迫の息子とバレたら相方に迷惑をかけてしまうと不安を打ち明けていました。これからが大切な時。正直、陸のお父さんといえども彼の将来を邪魔することはしてほしくないです」(前出・陸くんの知人)

 確かに宮迫は今、激しすぎる逆風に晒されている。

「宮迫さんは今後の芸能生活の岐路に立たされています。謹慎が明けた後、仕事面でさまざまな制限が生まれるでしょう。番組のスポンサーによっては、彼にNGを出すケースがあるかもしれない。すぐに今まで通りというわけにはいかない」(テレビ局関係者)

 陸くんが人気芸人になり、宮迫の息子であることを明かす時はいつ来るか。

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事(外部サイト)