ジャニー喜多川社長が生み出した数々の芸能手法と裏方精神

ジャニー喜多川社長が生み出した数々の芸能手法と裏方精神

ジャニー社長は、2012年に「ギネス世界記録」に掲載された

 6月18日の昼過ぎ、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87才)が都内の高級マンションから病院へ緊急搬送され、多くの所属タレントが病院に駆けつけた──。

 超人気アイドルを多数抱える芸能事務所のトップにして、そのアイドルたちから尊敬されてやまないジャニー社長。一体、どんな人物なのだろうか。

 ジャニー社長の本名は喜多川擴(ひろむ)。1931年、日本人の両親の間に、アメリカ・ロサンゼルスで生を受けた。僧侶である父親は、ロスの一角、日本人街リトルトーキョーにある高野山米国別院の主務を務めていた。

 ジャニー社長が2才の時に一家は帰国するが、戦後、ロスに再渡航。1950年、ジャニー社長は父親がロスの寺院につくったステージに日本の芸能人を呼んで公演を行う際、そのサポートをすることで、ショービジネスの世界に足を踏み入れた。

 その後、日本に戻ったジャニー社長は、アメリカ大使館に勤務する傍ら、少年野球チームを率い、そのチームのメンバーを芸能界デビューさせる。それが、あおい輝彦(71才)らが所属した4人組「ジャニーズ」だった。

 ジャニー社長は歌って踊れるグループにするために彼らをレッスンに通わせ、満を持して、1964年にデビューさせた。ジャニーズ事務所はその2年前の1962年に創業されている。

 1968年にはおりも政夫(65才)らが所属する4人組の「フォーリーブス」をデビューさせる。フォーリーブスは、ジャニーズのバックダンサー出身者で、そのフォーリーブスのバックダンサーから郷ひろみ(63才)が誕生している。

「その頃には、スターの後ろで踊っていた少年を次のスターに抜擢するという仕組みを構築した。今や、ジャニーズ事務所以外でも採用されている日本のエンターテインメントの構造は、ジャニーさんが築いてきたといっても過言ではない。ジャニーさんがいなければ、日本のショービジネスは何十年も遅れていたはずです」(芸能関係者)

 その功績は「ギネス世界記録」にも認められ、2011年に「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」として、2012年には「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」としても認定されている。

◆知名度がありながら裏方に徹する理由

「ジャニーさんらしいのは、世界の晴れ舞台にもかかわらず、ギネス世界記録に掲載する写真はキャップにサングラス姿で素顔を隠したこと。ジャニーさんは鬼才といわれた演出家、プロデューサーでありながら、誰よりも裏方に徹したいという思いが強い」(芸能レポーター)

 2002年、ジャニー社長は「永年のショービジネスに対する多大な情熱と功績」を評価され、演劇界の功労者に贈られる菊田一夫演劇賞特別賞を受賞した。しかし、その授賞式にも姿を見せず、堂本光一が代理出席した。

「オーディション現場でも、ほかのスタッフに交じって準備をします。誰もそこに社長がいるとは思わない。そうしたフラットな状態で、彼らの話し方や仕草を観察してから、オーディションに移るのです」(スポーツ紙記者)

 裏方としての仕事ぶりは徹底的だ。

「長年取材をしているメディア関係者やお世話になった人には、プレゼントを欠かしません。それも、自分が本当に気に入った食べ物や家電などを贈ることが多い。コンサートの打ち上げでのケータリング1つにも注意を払い、お寿司など豪華なものを用意する。簡単なもので済ませようとした同業者に“それはダメ”とアドバイスしたこともあるそうです」(音楽業界関係者)

 細やかな心遣いは、所属タレントにも向けられる。こんな目撃談がある。場所は新大阪駅。時期は、中山優馬がまだデビューする前のことだ。

「その時、大きなキャリーケースを運んでいたのは中山さんではなくジャニーさん。優遇するべきはタレントで、自分は裏方という自覚がそうさせていたのでしょう」(出版関係者)

 今回の緊急搬送が大きく報じられないのは、そんなジャニー社長の思いが強く伝わっているからだろう。

「一方で、ジャニーさんは日本の芸能界を動かす経営者でもある。その経営権を誰が握るのかというのは今後の芸能界を左右すること。90人以上のタレントを抱え、1000億円を稼ぐといわれるほどの大企業を一代で築いたジャニーさんの“後継者”になるわけですから注目しないわけにはいかない。一部では滝沢秀明さんが後継者といわれていますが、それはあくまで舞台や演出など一部でのこと。そういう意味では、ジャニーさんは“タレントはタレントが育てる”という考えを持っているので、後継者はタレント全員。みんなでジャニーさんの思いを背負っていくでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事(外部サイト)