闇営業問題 千原ジュニアが宮迫に「真っ当批判」した理由

闇営業問題 千原ジュニアが宮迫に「真っ当批判」した理由

吉本芸人が参加した振り込め詐欺グループの忘年会

 多くの人気芸人が“無期限謹慎”となった闇営業問題。芸人それぞれの謝罪とともに賛否を巻き起こしているのが、同じ事務所の芸人たちの反応だ。

 6月24日、関西ローカルの情報番組『ミント!』(MBS)に出演したたむらけんじは、「批判されることを覚悟で言うけれども」と前置きし、「一番悪いのは詐欺集団。SNSも含めて、そっちへの批判よりもミスした、犯罪も犯してない人たちへの批判のほうが多いというのは、世の中いま、どないなってんねんと思う」と発言。ツイッターでは、謹慎させられた芸人らを「かばうのか」と批判が巻き起こった。その翌日には、陣内智則がツイッターで「十分に反省した上でいつか謹慎が解けた際には、お笑い芸人として復帰が出来る環境をマスコミ各位、世間の皆さんが温かく迎えてもらえる時代である事を願います!」と投稿すると「今復帰の話をするのはおかしい」「陣内さんにはガッカリ」といった批判コメントが殺到した。

 そんな中で、千原兄弟の千原ジュニアによる雨上がり決死隊・宮迫博之らへのコメントが「真っ当だ」として話題となった。

 6月25日、ジュニアはレギュラー出演中の『ビビット』(TBS系、ジュニアは火曜日のみ出演)で、闇営業問題が取り上げられた際、宮迫の謝罪文にあった「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」という一文に辛辣な苦言を呈したのだ。特に「間接的ではありますが」の部分については「そんな言葉はいらない。本当に申し訳ございませんでした、だけでいい」とバッサリ。さらに、宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮に対しては「(カラテカ・入江慎也の)先輩であるふたりがまず矢面に立って、質疑応答込みの会見を開くべきだった」「先輩としていかがなものか」と批判を展開したのだ。

 吉本芸人は先輩後輩や同期など芸人仲間のつながりが強いことで知られるが、なぜジュニアは特に辛辣なコメントを放ったのか。

 今回の問題にはいくつか批判されている点があるが、大きく分けて「闇営業そのもの」と、反社会的勢力からの金銭授受という2点がある。その両方にジュニアは他の芸人以上にアレルギー反応を持っているという。ジュニアをよく知る放送作家が語る。

「ジュニアさんは15才で兄とコンビを結成し、10代のうちに売れっ子になっていました。早くから収入が安定していたので、闇営業などする必要がなかったわけです。お笑いに対してストイックで、飲みの席でウインナーに爪楊枝を刺して、『これに面白いタイトルを付けよう』と大喜利を始めたり。お笑いにストイックだからこそ、よく言えば警戒心が強く、悪く言えばビビリなので、会社を通さずにギャラをもらうなんてことはしないタイプなんです。だから、闇営業にかかわった芸人たちを本気で軽蔑してるんです」

 もう一つの理由が、「笑いの違い」だという。そもそも雨上がり決死隊は千原兄弟の1年先輩にあたる。同時期に大阪でしのぎを削った間柄だが、ジュニアとはお笑いの方向性で相容れない部分もあった。

「雨上がりは若手時代、FUJIWARAや宮川大輔さんらと『吉本印天然素材』というユニットを組んでいて、早くに東京進出。若い女性たちからアイドル的人気を得ていました。一方、千原兄弟はその頃、心斎橋筋2丁目劇場の看板芸人として、ジャリズム、ケンドーコバヤシさんらと大阪の舞台に立ち続けていた。ジュニアさんは宮迫さん率いる『天然素材』の芸人たちとは『笑いのジャンルが違う』と常に言っています。根底にあるのは『東京進出はまず大阪で実績を作ってから』という思いです。それに宮迫さんたちは体を張って笑いを取るやり方なので“体育会系”で、自分たちは大喜利やトークライブで真面目な笑いを目指すから“文化系”と称しています。宮迫さんとはプライベートで飲みにいくこともほとんどありません」(前出・放送作家)

 それゆえに芸人仲間の馴れ合いになることがなかったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)