高田文夫が言及 浅田美代子、友近ら「変わる女たち」

高田文夫が言及 浅田美代子、友近ら「変わる女たち」

高田文夫が「変化していく女」を語る(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、「変わり続ける」女たちについてお届けする。

 * * *
 女は変わる。女性は変貌しつづける。大手出版社の編集者として私とは仕事で初めて会い、気がつけば人気浪曲師・玉川奈々福となり、弟分の太福と共にここへ来ての“浪曲ブーム”を牽引する。そしてこの度は「“刀剣歌謡浪曲”でCDデビューしました」とロングドレスなどまとい、やって来たのにはおどろいた。

 たしかに浪曲から歌謡曲という流れには三波春夫、村田英雄、二葉百合子の大成功した例もあるが……聞いてみるとこれがまた、なかなか“今”があって結構。『舞いよ舞え』という曲、機会があったら聞いてやって下さい。そうそう「浪曲にあらたな息を吹き込むプロデュース力」が評価されたとかで、この度「伊丹十三賞」も受賞。

 変化していく女……といえば樹木希林が初のプロデュースをしたと話題の映画『エリカ38』を見た。『時間ですよ』の頃からずっと希林が可愛がってきた浅田美代子。一緒にワイドショーなど見ていると「美代子もこういう女を演ればいいのに」と言っていたとか。

 年齢の割にはチャーミングさがあって、人から人へ数億の金を集めていった女詐欺師役。あの事件をすぐに想起させるが、愛らしく優しい人が犯罪者へと変わってゆく。だって「となりのミヨちゃん」だった子だよ。名曲『赤い風船』だよ。“あの娘(こ)はどこ〜の娘〜”だよ。樹木希林としては「代表作を作ってあげたい」と思ったのだろう。

 ベストセラーとなった希林の言葉を集めた『一切なりゆき』の中にこうある。「私に縁のあった人達には皆キラキラしてほしい」こんな想いがあったから、旦那にも家族にも仕事の仲間にも浅田にもこう願っていたのだろう。

『エリカ38』の中の台詞「お金は人間よりはるかに頼りになります。頼りにならないのは人間の心」おお恐(こわ)!

 いまの芸界の中で最も変幻自在な女性といえば友近だろう。「三枚組のDVD。ボックスで吉本は出しましたんですわ」「これも闇で?」「ちゃんとルート通してます」と来た。タイトルが『友近コント作品集・演って候』。まさに芸達者とはこの人のこと。渡辺直美、ゆりやんレトリィバァと海外へと目が向かっていく中、友近だけはより日本へ、内側へと向かっていく。「私、小さい頃からずっと旅館の仲居さんになりたかったんです」と遠い目をして言う。ある意味変わった女である。

 そして三宅裕司ひきいる熱海五郎一座、今年の客演・高島礼子の台詞「美人女優がお笑いプロダクション(太田プロ)にいる苦労があなたに分かるの!?」

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事(外部サイト)