ジャニー社長入院の会見、担当した嵐の置かれた状況と思い

ジャニー社長入院の会見、担当した嵐の置かれた状況と思い

ジャニー社長の入院を嵐が発表した理由とは?写真はジャニーズ事務所(写真/共同通信社)

 7月1日、取材陣が待ち受ける会見場にやってきた嵐のメンバーは、一様に表情をこわばらせていた。沈黙を破ったのは、中央に立った松本潤(35才)だった。

「ぼくたちからご報告させていただきたく思いまして、少々お時間をいただきました。先月、6月18日に、弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」

 本誌・女性セブンは前号でジャニー喜多川社長(87才)の入院騒動について報じたが、初めて松本の口から入院の事実が明かされた。

 病名は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血だった。脳の動脈にできたコブが破裂する病気で、3割が死亡し、3割に後遺症が残るといわれている。南相馬市立総合病院脳神経外科医の嶋田裕記さんが説明する。

「発症直後は、突然激しい吐き気や頭痛に襲われ、そのまま意識を失うケースも少なくありません。致死率が高く、助かっても意識障害を起こしている場合、そのまま意識が回復しなかったり、食事が満足に取れなくなるという後遺症が残ることがあります」

 嵐がその事実を明かした7月1日は、ジャニー社長が救急搬送されてから約2週間後。その間、事務所からは公式の発表はなかった。1日の会見も当初は半年以上にわたって準備を進めてきた、デビュー20周年を迎えて行われるグループ初の展覧会に関する取材だけが予定されていたという。

「事前に配布されていた資料には、嵐の囲み会見があることは明記されていましたが、ジャニーさんに関する会見については記載されていませんでした」(スポーツ紙記者)

 その日、嵐は2度、会見を行っている。

「松本さんは最初の会見でジャニーさんの入院について語ると、“またこの後、会見がありますが、この話で暗い会見になるのはジャニーさんも望んでいないと思います。明るく楽しくやりたいと思いますのでよろしくお願いいたします”と締めくくりました。その会見で口を開いたのは松本さんだけでした」(テレビ局関係者)

 嵐のメンバーはいったん報道陣の前から姿を消し、改めて会見場にやってきた。そして、暗い表情を一切見せず、笑顔を交えて展覧会の話に花を咲かせた。続く2回目の会見での立ち位置は大野智(38才)が中央で、最初の会見で中央に立っていた松本は右端に変わっていた。

◆自分たちの言葉でしっかり伝えたい

 ジャニーズ事務所に所属するタレントの数は多い。嵐より年齢が上のタレントもいる。なぜ、嵐が、その中でもなぜ松本が入院の事実を語ったのか。

「近藤真彦さん(54才)や東山紀之さん(52才)が最初に会見するかともいわれていましたから、なぜ嵐だったのか、何かあるのではないのかと深読みする声もありましたが、実際はタイミング的に嵐がベストだったということが理由でした。ジャニーさんが救急搬送されてから、ジャニーズのグループが全員出席する会見が、その日初めてだったんです。

 また、嵐が活動休止を決めて、5人で今後公の場に出る機会は数少ない。恩人のジャニーさんに対しては“自分たちの言葉で伝えたい”という本人たちの思いもあったのでしょう」(芸能関係者)

 嵐にとっては、1つの大仕事が終わったタイミングでもあった。

「ちょうど、『嵐のワクワク学校2019』の最終公演が前日に終わったばかりでした。2011年の東日本大震災を受けて始まったこのチャリティーイベントは、年に一度、東京や大阪で開催されてきました。ワクワク学校に嵐が参加するのは、今年が最後。9年間で223万人を動員したこのイベントを“退任”し、来年は後輩が受け継ぐことが決まっています。

 ジャニーさんの病気に関する情報公開は、ワクワク学校という、長年続けてきた大事なイベントが落ち着いたところで、という意図もあったのでしょう。ジャニーさんは誰より裏方に徹する人。大切なイベントに私事で水を差したくないという考えが強い人ですから、スタッフやメンバーはその思いを汲んだのだと思います」(前出・テレビ局関係者)

 病状を明かした会見で松本1人が話すことも、メンバー間で話し合って決めたという。

「とにかくシンプルに伝えたいので、各々が話すより、1人が話した方がいいということが1つの理由だったそうです。松本さんは嵐だけでなく、Hey! Say! JUMPなど後輩のコンサートの演出も手がけているので、ジャニーさんと話をする機会が多い。嵐の中でも、演出など裏方に関するジャニーさんの思いを強く継いでいるのは松本さんといわれています。そういった経緯もあり、松本さんが話すことになったそうです」(前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2019年7月18日号

関連記事(外部サイト)