ジャニー社長、中居正広やマッチに灰皿を投げた厳しい一面も

ジャニー社長、中居正広やマッチに灰皿を投げた厳しい一面も

灰皿を投げる厳しい一面もあったというジャニー社長(写真/共同通信社)

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87才)が6月18日、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で緊急搬送された。病室には、嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPなど、たくさんのトップアイドルたちが駆けつけているという。

 多くのスターたちを見出してきたジャニーさんだが、普段はまったく飾らない人物だという。

「ジャニーさんは焦げた焼き肉を食べる」とラジオで明かしたのはKinKi Kidsの堂本剛(40才)。焼き肉をする際、ジャニーさんは率先して肉を焼いて参加者にサーブし、自分は焦げた肉を口にするという。

「それはジャニーさんの心遣いです。戦争を経験しているジャニーさんは焦げた肉でも捨てるのはもったいないとの考えで、必ず自分の皿に取り分けて食べます。

 ジャニーさんの心遣いは徹底されていて、現場でタレントにすぐ飲み物を買ってあげられるよう、常に小銭をたくさん持ち歩いています。水分補給で少しでも渇いた喉が潤い、疲れが取れるようにとの配慮からです」(スポーツ紙記者)

 倹約家で知られるジャニーさんは服装も質素だ。

「ジャニーさんはパッと見ると“用務員のおじさん”のような風貌なので、現場の警備員には、“あの人はジャニーさんですからね”とあらかじめ通達があるそうです。以前、関ジャニ∞の大倉忠義さん(34才)が“なあジャニーさん、服にシールが付きっぱなしやで”と言ったら、ジャニーさんは“YOU、何言っているの? このシールはおしゃれなデザインだよ”と返したそうです」(スポーツ紙記者)

 微笑ましいエピソードが多いジャニーさんだが、時には厳しい一面も見せる。

「今では年齢を重ねて丸くなられましたが、昔は筋の通らないことにはとても厳しく、怒ると1時間でも2時間でも説教していました。ヤンチャだった頃のマッチや元SMAPの中居正広さん(46才)は、灰皿や電話機を投げつけられたこともあったといいます」(芸能関係者)

 さまざまな素顔を持つジャニーさんが、日本の芸能界の屋台骨を支える人物であることは間違いない。

 木村拓哉(46才)は中学2年生の頃、親戚が勝手に事務所に書類を送った。それを見て、「ぜひお会いしたい」と申し入れたジャニーさんの依頼を木村は4回も断った。

 だが5回目に親戚から、「(アイドルを)やりたくてもやれない人がいるから、(レッスンに)1回行ってみなさい」と言われて、木村はジャニーさんに会うことを決意。その時、Jr.が300人以上いたがジャニーさんの審美眼にかない、今に至る。

 そんなジャニーさんだけに、タレントからの信頼は厚い。例えば嵐の大野智(38才)は、少年隊以来、歴代のジャニーズアイドルが受け継いだミュージカル『PLAYZONE』の東京公演が終了した際、こう心境を吐露した。

「最初に“いい”って言ってくれたのって、ジャニーさんだったのね。夜中に少年隊とぼくとで通し稽古をした時“すごくいい”って言ってくれて、ジャニーさんが言うんだからいいんだなって」

 ジャニーズのアイドルたちはみな、大野と同じ気持ちでいるはずだ。

※女性セブン2019年7月18日号

関連記事(外部サイト)