夢は米国のジャニー社長「実はダメだったメンバーはいない」

夢は米国のジャニー社長「実はダメだったメンバーはいない」

どんな子も必ず持っている個性や輝きを見つめたジャニーさん(写真/時事通信社)

 7月1日、嵐が記者会見を開き、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87才)が解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で緊急搬送されていたことを発表した。病室には、嵐はもちろん、V6、関ジャニ∞、King & Prince、そしてジャニーズJr.のメンバーなど、多くのトップアイドルたちが駆けつけている。

 世代を超えて多くのアイドルたちに慕われるジャニーさん。その背景には「人間」を大切にする心があるという。

 2015年元日にNHKラジオ第1『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』に出演したジャニーさんはこう語った。

「やっぱり人間には、それぞれいいところがあるの。だから“この子”って思ったら(面倒をみる)。マッチだって“何なのこの子?”って感じだった。でもね、ハートが伝わって来るんですよね。みんなそれぞれ若い人ってのは、本当に気持ちがありますね」

 ラジオで共演した演出家の蜷川幸雄さん(享年80)から「いい子だと思ってとったら実はダメだった、って子もいるでしょう」と聞かれた時もジャニーさんは「いない」と即答して、こう断言した。

「ぼくらは人間を扱っている。どんな子でも輝きやいいところを持っている」

「若い感性」を持ち続けていることも、若者たちから慕われる理由の1つだろう。

「ジャニーさんはJr.のレッスン場や芝居稽古場といった現場がとにかく大好きで、オフィスにほとんどいないから社長室がなかったほどです。

 若者の個性を何より大切にするかただけに、最近の若い男の子がみんな同じ髪形をしていることに不満を抱いて、“何の特徴もないから、いっそ坊主にすればいい”と言ったこともあります」(スポーツ紙記者)

 ジャニーさんが常に現場に向かうのは、「舞台」に懸ける熱い思いがあるからだ。音楽業界関係者はこう語る。

「そもそもジャニーさんのルーツは本場アメリカのショービジネスです。若い頃からミュージカルや芝居を見続けていて、とにかく舞台が大好きなんです。また、自分が舞台を楽しんできただけに、“ショーは観客を喜ばせるもの”という哲学を持っています。ジャニーさんは、観客の期待に応えることが自分の人生の役割だと信じているんです」

 ショービジネスに身も心も捧げたジャニーさんが最終的に目指すのは「アメリカ進出」だという。

「ジャニーさんは事務所の経営にはまったく興味がなく、あるのはファンに愛されるアイドルと舞台を作りたいという願いだけです。その上で長年の夢とするのは、自分を育ててくれたアメリカに進出すること。嵐がデビュー会見した場所がハワイだったことも、全米進出への強い思いの表れだと思います」(芸能関係者)

 全米進出を夢見るジャニーさんは、「ポスト・ジャニー」についてどう考えるのか。『AERA』(1997年3月24日号)のインタビューでジャニーさんはこう語っている。

《ジャニーが死んじゃったら、あとはないんじゃないかって言う人がいるの。マネジャーなしで、自分でやれる人間ばっかりなんですよ。まだ、ボクがいるから、遠慮してるとこ、あると思う。ボクいなかったら、それこそ大活躍できるんじゃないかなあ。だから、ボクが知らん顔して消えちゃったとしても、十分できますよ》

 生涯現役を貫くジャニーさん。彼が作り上げた少年アイドルとともに見つめる先には、今なお未知の世界が広がる。

※女性セブン2019年7月18日号

関連記事(外部サイト)