嵐と関ジャニ∞がSMAPを熱唱 ジャニーさんへの思いで実現

嵐と関ジャニ∞がSMAPを熱唱 ジャニーさんへの思いで実現

ジャニー社長の訃報が伝えられると多くの報道陣がジャニーズ事務所前に集まった(9日深夜)

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が7月9日、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で亡くなった。87才だった。

 6月18日に倒れ、都内の病院に入院していたジャニーさん。病室には連日ジャニーズ事務所のタレントたちがお見舞いに駆けつけていた。そして、その教え子たちは、ステージの上からも、ジャニーさんへの励ましのメッセージを送っていた――。

 約9000人の観客と、鳴り響く音楽に、まばゆいほどの照明。そして、アーティストが見せるパフォーマンスで会場は熱気にあふれた。その舞台裏では、ケータリングをつまんだり、ストレッチをしたり、鏡の前で振り付けを確認するなど、彼らは出番を待っていた。

 そこに、「本番前!」の声がかかると、一様に表情を引き締めてステージへと向かう。その胸の内には、“恩人”への思いが宿っていた――。

 7月6日、千葉・幕張メッセで9時間半にわたって開催された音楽特番『THE MUSIC DAY 時代』(日本テレビ系)が放送された。総勢60組以上が出演した、音楽の祭典。2013年から毎年夏に行われ、今年の平均視聴率は16.3%と過去最高だった。そのステージでひときわ存在感を放ったのが、ジャニーズ事務所のタレントたちだった。

「この番組はメドレー形式を多用しています。特にジャニーズのグループをシャッフルしたメドレーは、いつもと違う“顔”が見られるからと、毎年注目される人気企画。今年の好視聴率はこのメドレーも一因だったそう。今回は特番の前半と後半の2回に分けて、『デビュー曲メドレー』を披露しました」(番組関係者)

 その注目のメドレーでは嵐や関ジャニ∞など8組が、グループの垣根を越えて歌声を披露した。

 嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』を歌いながら全出演者が登場すると、King & Princeのデビュー曲『シンデレラガール』が流れる。関ジャニ∞の村上信五(37才)らの熱唱で、会場のボルテージは上がる。

 そして、関ジャニ∞のデビュー曲『浪花いろは節』になると、Hey! Say! JUMPの知念侑李(25才)が、憧れの人である嵐の大野智(38才)に肩を組まれて熱唱。SNSのトレンドワードには「村上くん」「知念くん」などがランクインした。

◆解散以来ほぼ封印されていたSMAP

そして、第2部の1曲目にSMAPのデビュー曲『Can't Stop!! -LOVING-』が奏でられると、ファンの盛り上がりは頂点に。ネット上にも「信じられない、びっくりした」「歌ってくれてありがとう」という言葉が飛び交った。

 歌ったメンバーは、嵐の二宮和也(36才)、関ジャニ∞の錦戸亮(34才)、KAT-TUNの亀梨和也(33才)、Hey! Say! JUMPの薮宏太(29才)、Kis-My-Ft2の千賀健永(28才)の5人。6人時代のSMAPの曲を笑顔で歌い上げる様子は、ファンの心を震わせた。

「二宮さんと亀梨さんは木村拓哉さん(46才)とプライベートでも親交がありますし、錦戸さんのいちばん尊敬する先輩は木村さん。千賀さんは中居正広さん(46才)にかわいがられていて、薮さんもデビュー間もない頃、SMAPのライブに参加したことがある。そんな彼らの姿は長年のSMAPファンにも強く響きました」(テレビ局関係者)

 SMAPの曲は、2016年末の解散後はほぼ、封印されてきた。そのSMAPのデビュー曲を、後輩たちが揃って再現してみせた。

「解散したグループで唯一、デビュー曲メドレーのラインナップに入ったことに、大きな意味がありました」(前出・テレビ局関係者)

 同じく解散した光GENJIや男闘呼組のデビュー曲は、今回のメドレーに含まれなかった。SMAPの楽曲が選ばれたのには、所属タレントたちの思いが詰まっていたからだったという。

「ジャニーさんが常々、SMAPのことを“自分の子供たちのようだ”と繰り返し言っていたことは、所属タレントみんなが知っている。そこで、病と闘っているジャニーさんのためにも、SMAPの楽曲を歌い、励ましたいと考えたのでしょう。当然、SMAPファンへの思いもあったでしょうが、今回、デビュー曲をメドレーで披露する以上、ジャニーさんの思いが強いSMAPは外せないという結論に至ったのだと思います」(前出・テレビ局関係者)

 番組の今年のテーマは「時代」だった。そこにデビュー曲メドレーを持ってきたのは、新しい時代に向けて、一度初心に戻るという意味も込められていたという。

「新しい時代が来ても、ジャニーさんが築いてきたもの、そこから学んできたものはみんなで受け継いでいく、そんな気持ちの表れでもあった。ジャニーさんはその模様をチェックできる状況ではなかったかもしれませんが、病室のテレビには彼らの活躍する姿が流れていたはず」(前出・番組関係者)

 嵐らの歌やパフォーマンスは師の心に届いたことだろう。

※女性セブン2019年7月25日号

関連記事(外部サイト)