大原麗子、美空ひばりに贈られた椅子を宝物の様に飾っていた

大原麗子、美空ひばりに贈られた椅子を宝物の様に飾っていた

美空ひばりが大原麗子に贈ったのは?(共同通信社)

 2009年8月に自宅で“孤独死”した大原麗子さん(享年62)の位牌は、東京・三鷹の住宅街に建つ古刹の永代供養墓に並んでいる。今年は没後10年の節目とあって、メディアでは多くの追悼特集が組まれているが、触れられていない秘話がある。大原さんが“姉”と慕った国民的歌手・美空ひばりさん(享年52)との交友だ。大原さんの付き人を40年にわたって務めた佐藤嘉余子氏(85)が、ひばりさんの晩年に寄り添っていた大原について振り返る。

 * * *
〈1987年4月、重度の慢性肝炎と突発性大腿骨頭壊死症の療養に入ったひばりは、1988年4月、東京ドームの「不死鳥コンサート」で復帰。1989年2月6日、「歌は我が命」と銘打ったツアーを福岡でスタートさせた。だが、翌2月7日、九州厚生年金会館(北九州市)でのコンサートが、最後のステージとなった。〉

 麗子さんは最後のコンサートにも行っていたんです。自分でチケットを購入して。青山にあったお気に入りのお花屋さんで大きな花束を作ってもらって、それを持っていきました。会場に着くと、麗子さんは「この花束、いつ渡せばいいのかしら」って悩んでいたみたい。

 だけど、舞台裏ではそれどころではなく、ひばりさんが倒れるかどうかという大変な状態だったそうです。結果的にあれがラストコンサートになってしまったんですけど……。

〈1989年6月13日、ひばりは間質性肺炎による呼吸不全で重体に陥り、24日に帰らぬ人となった。〉

 麗子さんはひばりさんが亡くなる直前にも病院にお見舞いに行っていたんですが、「カヨさん、お姉さんの目は、もうこの世の目ではなかった。あっちに行ってしまっていた」って泣くんです。ひばりさんの死を感じたのでしょう。

 ひばりさんが1989年に亡くなられて、今年で30年。麗子さんは2009年に亡くなるまで、ひばりさんの命日には毎年欠かさずお花と御香料を届けていました。

〈2009年8月6日、大原の遺体が自宅で発見された。連絡が取れないことを心配した親族が警察に相談し、自宅に入ると、寝室のベッドで仰向けに倒れていたという。死後3日が経っていた。密葬後に公開された自宅のリビングルームには、大きな鏡台の手前に、「To Reiko from Hibari 1988.10」とサインされたディレクターズチェアが置かれていた。〉

 それは麗子さんのNHK大河初主演(1989年放送)『春日局』を記念して、撮影開始前にひばりさんから贈られたものでした。

 麗子さん、この椅子を宝物のように大切にしていて、最後の最後までリビングに大事に飾っていました。

 いまはもう、お2人とも天国にいます。きっと、あちらでも会話に花を咲かせているのでしょう。

●取材/宇都宮直子、大屋敷未世子

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

関連記事(外部サイト)