ブレイク中の俳優・岡田健史 「現状維持は退化だと思う」

ブレイク中の俳優・岡田健史 「現状維持は退化だと思う」

俳優デビュー作『中学聖日記』で一躍、時の人となった岡田健史

 シンデレラボーイ──俳優デビューを果たした前作『中学聖日記』(2018年・TBS系)が社会現象を巻き起こし、岡田健史(20才)は一躍“時の人”となった。それから約半年、俳優人生2作目となるドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』では、早くも初主演を飾ることとなった。

 ロケ地の学校を訪れると、以前にも取材したことのある本誌スタッフを見つけ、腰を直角に折ってお辞儀をしてくれた。「ものすごく勘がいい」「何年もキャリアを積んだ俳優のよう」とスタッフを驚かせていたが、謙虚で実直な性格は、デビュー以来ひとつも変わらないようだ。

「こんなにも早く、地元のテレビ局が制作する、故郷・博多を舞台にした作品に出られて、本当に嬉しく思います。(同じく福岡県出身の)光石(研・57才)さん演じる内藤先生とのシーンでは、自分たちの世代は使わない方言を光石さんが話されていて、思わず“お父さん…”と言いたくなるほど、本当の父と対面しているようでした(笑い)」

 せっかくなので、おすすめのグルメやスポットなど“岡田的・博多名物”を尋ねる
と──

「博多の食べ物は、みんな本当においしいです。海鮮、刺身とかもおすすめですし、個人的には、とんこつラーメンが大好きですね。父もラーメン好きで、いろいろなところに2人で行っているんですけど、“ここがナンバーワンだ!”っていうお店があるんですよ。店名はナイショです(笑い)。

 それ以外は…自分は本当に8才から野球漬けの生活だったので、実は山笠(博多祇園山笠)も、どんたく(博多どんたく港まつり)も、参加したことがなくて…。どういうことをするかが答えられないんですよね。なので、この作品をきっかけに、地元のお祭や行事についても知っていきたいですね」

 デビュー2作目となるが、周囲の雑音には目もくれず、貪欲に芝居に打ち込んでいる。

「正直、主演ということはあまり意識していません。前作で自分に足らなかったことを今回の作品で挑戦して、自分のものにしていきたい。自分がどういった役割を果たせるか、どうすべきか、完成した作品を見た時にどんな課題点が見つかるのか、それをすごく楽しみにしています。

 高校で野球をしていた時から、自分の体格も生活環境もガラッと変わりました。でも変化することが当然だと思いますし、変化しない方がちょっと怖いですね。年齢は老いていくのに現状維持を続けているのは退化だと思うから」

 日本中が、その真っ直ぐな眼差しに夢中だ。

【info】
FBS開局50周年スペシャルドラマ●『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』 
FBS福岡放送(福岡・佐賀)にて、7月19日(金)19:00〜放送(Huluにて、FBS福岡放送での放送終了後から配信)

ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のプロデューサーが企画する、上京ラブコメディー。小学生の時、博多から東京に引っ越してきた東京(あずま・みやこ/岡田健史)は博多弁を笑われて以来、心を閉ざしていた。ある日、博多愛丸出しの幼なじみ・博多乃どん子(福田愛依)が転校してきて…。

撮影/爲 永

※女性セブン2019年7月25日号

関連記事(外部サイト)