カジサック YouTuberで大成功も共演芸人がギャラに悲鳴

カジサック YouTuberで大成功も共演芸人がギャラに悲鳴

カジサック名で活動する梶原

 最近はYouTubeでの活躍が目覚ましい、カジサックことお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(38)。昨年10月に新米YouTuber(ユーチューバー)としてデビューし、「2019年末までにチャンネル登録者数が100万人を超えなかったら芸人を引退する」と宣言。今年7月には見事100万人を突破し、引退どころか人気は増す一方だ。しかしその一方で、共演した芸人から悲鳴が上がっている。作品に対する梶原のストイックさが理由なのだという。

「梶原さんの動画撮影に対する情熱はハンパじゃない。撮影する際は、アドリブはダメと言われました。台本通りの流れであることが大事らしいんです。簡単なシーンでも何度もリハーサルします。もっとも時間がかかるのが、『カジサックハウス』の収録です」(事務所関係者)

 梶原のYouTubeチャンネルでは、芸能人とのトークや「○○をやってみた」など、さまざまな動画がアップされている。なかでも人気なのが、名曲をカバーする『カジサックハウス』。梶原をはじめ歌唱力の高い芸人を集めて歌声を披露するのだが、そのレベルが高く、チャンネル登録者数の底上げに一役買っている人気コンテンツだ。

「ある後輩芸人は、“撮影前に少し練習して歌うだけだから”と誘われていったところ、撮影前日に4〜5時間、当日の歌う前にも数時間、リハーサルしたそうです。梶原さんは歌い始めると心配な点が出てくるようで、リハーサルに熱が入ってしまう。良い作品を作るためだから否定はしにくいことですが……」(前出・事務所関係者)

 しかし、その後輩芸人は「もし次に呼ばれても、あんまり前向きになれない……」と言っているという。

「ネックなのはギャラです。10時間近く使ったその芸人のギャラは、3000円だったそう。ある日の収録は午後9時に始まり、深夜1時に終了。終電もなくなり、タクシーを拾わなければ帰れませんでした。梶原さんがタクシー代を出してくれるのかと思いきや、“お疲れやで〜”って、1人でそそくさと帰ってしまったそうです(笑)。途方に暮れていたところ、別の共演者が自腹でタクシー代1万円を払ってくれたそうです。梶原さんは撮影のことで頭がいっぱいで、後輩の帰りのことまで気が回らなかったのかもしれません」(前出・事務所関係者)

 相方の西野亮廣(39)が絵本作家としても才能を発揮する一方で、梶原もプロゴルファーやダーツなど様々な挑戦をしてきた。紆余曲折を経てたどり着いたのが、売れっ子YouTuberの座。今は連日2時間の睡眠で働き詰めという。

 LINEスタンプ販売など、成功によって副産物的なギャラも生まれ、YouTuberとして月300万円以上を稼いでいるともいわれている。共演した後輩芸人たちに還元してあげれば、ますますYouTubeの番組も盛り上がるかも?

関連記事(外部サイト)