宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 小栗旬との“競艶”内容

宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 小栗旬との“競艶”内容

小栗との”競艶”が公開前から話題の二階堂ふみ

 2か月先に公開する映画、『人間失格 太宰治と3人の女たち』が早くも話題を呼んでいる。世界で最も売れている日本の小説である彼の自伝的小説と同名だが、この小説の映画化というわけではない。映画では、太宰が自殺するまでのおよそ1年間の物語を描いている。

 これまで太宰を主人公にした映画といえば、太宰が女性を翻弄する“男性目線”で描かれることが多かった。映画評論家の秋本鉄次さんが言う。

「今作は写真家でクリエーターの蜷川実花(46才)が監督を務めるということもあり、女性目線で描かれているのが特徴です。もちろん主人公は太宰ですが、太宰と関係する女性3人が実質的な主人公になっているんです」

 太宰の妻・美和子を宮沢りえ(46才)、太宰の子供を身ごもる愛人の静子を沢尻エリカ(33才)、最後に太宰と心中する戦争未亡人で美容師の富栄を二階堂ふみ(24才)が演じる。

「小栗旬(36才)演じる“チャラ男”の太宰にどう対処していくか。女性の立ち位置の違いの見せ方や、三者三様の“男性操縦法”が面白い。男としては、“女性の手のひらの上からは逃れられない”という印象を受けました(苦笑)」(秋本さん・以下同)

 撮影は昨年11月上旬から約1か月半かけて、京都府を中心に富山県や神奈川県でも行われた。「R15」指定されており、大女優3人が濡れ場を演じていることが話題に。

「この映画は小栗さん以外にも、成田凌さん(25才)、高良健吾さん(31才)、藤原竜也さん(37才)といったイケメン俳優も出ていて、全体的にエロティックな雰囲気が漂っています。その中で異質なのが宮沢さん。主要キャストの中では“最年長”。露出度は低いのですが、太宰の妻としての貫禄と妖艶さをうまく共存させています。沢尻さんは濃厚なキスシーンやセミヌードまで披露しています」

 しかし、こと濡れ場に関しては、「二階堂さんの圧勝でした」と秋本さんは言う。

「彼女は脱ぐと意外にすごいんです。ブラが外れて、自然な流れでバストが見えるのですが、すごくきれいで形がいい。隠そうと思えば隠せないでもないシーンなのですが、“見えたら見えたで構わないわ”という、女優としての覚悟が感じられました。まだ生に未練のある太宰を死の淵に引きずり込むのが彼女の役どころで、“一緒に死にましょ”ってニコッとするシーンがものすごく怖い」

 濡れ場の裏にある、3人の“女優魂”のぶつかり合い、見る価値がありそうだ。

※女性セブン2019年8月1日号

 

関連記事(外部サイト)