芸能人夫婦、共演CMに起用されるカギは妻の好感度にあり

芸能人夫婦、共演CMに起用されるカギは妻の好感度にあり

木下優樹菜&藤本敏史夫妻は『P&G ジョイ』のCMで共演

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は芸能人夫婦の共演CMについて。

 * * *
『P&G ジョイ コンパクト』「ジョイ史上最高傑作」篇のCMに爆笑問題の田中裕二と山口もえ夫妻の姿を見て驚いた。バツイチ同士の二人がゴールインしたのは2015年10月。2017年には3子となる女児が誕生している。

“色々あった”二人だが、その幸せそうな様子は芸人仲間や山口と仲のいいママタレの多くが認めるところ。あの小倉優子が「好きなママタレ」の第一位に輝くなど、懸命に頑張っていてチャーミングでさえあれば、“バツあり”“シンママ”などはマイナス材料にならないのが広告業界の新常識であるようだ。

 それにしても、並んで食器洗いをする爆問田中と山口もえの微笑ましいことよ。半年ほど前、表参道で夫妻から声をかけられたことがある筆者。生まれたばかりの女児を抱っこして、田中とショッピングかランチデートでもしていたのだろうか。もともと“やさしい男”として共演女性やスタッフ女性から大人気だった田中が妻子を全力で守っている様子が伝わって来て、ほっこりした気持ちで満たされた。そのカンジが、そのまま同CMからは伝わってくる。

◇バラエティーでの共演とは意味合いが異なる

 同じく『P&G ジョイ』のCMに一足先に出演していたのがFUJIWARA藤本敏史と木下優樹菜夫妻である。バラエティー番組では爆問田中より“妻ネタ”が多いフジモンと、SNSでプライベートを公開する機会も多いユッキーナ。というワケで、プライベートがあまり見えない田中・山口夫妻の共演ほどのインパクトはないものの、さまざまな厳しい条件や高いハードルを乗り越えた“お仕事”であるだけに、フジモン&ユッキーナのそれも、バラエティー番組での共演とは意味合いが異なる。

 それを裏付けするのは、2017年から『養命酒』のCMに夫婦で出演している藤井隆と乙葉夫妻だ。当初から互いの体調を思いやったり、養命酒の効果を報告しあったりする、円満な夫婦にしかやれない内容だが、この二人、結婚してからバラエティー番組で共演は『さんまのまんま』(関西テレビ・フジテレビ系)以外、記憶がない。

 実際、番組の企画会議で名前を出しても、「共演はCMだからでしょ?」と、オファーしても無駄だと言わんばかりにプロデューサーから却下される、実は“敷居の高い夫婦”なのである。

 でもそこが、この夫妻の魅力。交際当初から乙葉を思いやる藤井のエピソードは周知の事実だったが、そのイメージがいまも保たれ、CMの設定にも活かされている理想的なケースだ。

◇CM業界の狙いは蒼井優&山ちゃん夫妻か

 そして最近よく見るのが、サッカー日本代表の長友佑都選手と平愛梨夫妻のCM。『花王メリット』である。長友の「僕のアモーレ」発言があまりにも有名だが、夫婦の“雰囲気づくり”を担っているのは平のほう。長友はアスリートなのでピッチでの活躍が物を言うことは間違いないが、愛梨の実妹の平祐奈や、縁結びの神で、現在、長友の料理番修行中の三瓶を含め、ほのぼのとした「平愛梨ファミリー」は長友の好感度をさらにアップ。彼にとって居心地が良さそうに見える『メリット』のCMも、そんなイメージがそのまま映像化されたようで、好感度調査の数値を急上昇させているところだ。

 現在オンエア中の“夫婦CM”は、夫に芸人が多いというよりは、妻がバラエティーで番組で好感度が高い(あるいは高かった)ケース。CM業界でのポイントの高さには、ママタレ妻が深く関わっている。

 では次なる狙い目はどの夫婦なのか。それは南海キャンディーズ山里亮太と蒼井優に他ならない。蒼井のバラエティー出演歴はドラマや映画の番宣以外ではないのだが、実は彼女が単独出演しているのは、『新ビオフェルミン』『三幸製菓』『JINS』など庶民的だったり家庭用商材のCM出演が多いのである。アンジャッシュ渡部建と佐々木希夫妻よりもさらにハードルは高かろうが、オファーは既に複数来ていると思われる。

 それよりもう少し“現実的”なところで考えると、妻を愛してやまない品川庄司・庄司智春と、既に『ハウスシチュー』のCMキャラクターであり、バラエティ―番組でのママタレとしてのコメントがいつも「100点満点」と大評判の藤本美貴夫妻ではないか。食器を洗うか、シャンプーするか。夫婦の共演CMが見てみたい。

 広告業界での“夫婦CM”は、かつては大物同士か、大物の夫を3歩下がって支える、芸能人としてのランクが夫より劣る妻との共演が常だった。

 果たして今は、ママタレとして好感度の高い妻に引っ張られて夫が出てくるケースが多い。ママタレの好感度の基準も含め、「変化してきている」ことは間違いないのである。

関連記事(外部サイト)