TEAM NACS、演技力とギャップで今や「ドラマを回す存在」

TEAM NACS、演技力とギャップで今や「ドラマを回す存在」

TEAM NACSの5人

 北海道では知らない人がいない存在だった5人組の演劇ユニットが、今や全国放送のドラマで引っ張りだこの人気だ。「TEAM NACS」の活躍ぶりについてコラムニストのペリー荻野さんが綴る。

 * * *
「我々の目標は優勝です!!」
 
 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で、トキワ自動車ラグビーチームの新ゼネラルマネージャー君嶋(大泉洋)は、大会議室でこう宣言したのである。しかし、会議室の空気は「あちゃー」「何言ってんの」という感じ。金なし(14億円の運営費は会社のお荷物扱い)、人なし(有力外国人選手の契約更新を断念)、時間なし(チーム成績低迷で社の幹部が廃部を迫る)という最悪の条件の中、ラグビー経験ゼロの君嶋がどう動く!? 池井戸潤原作の『日曜劇場』らしい熱と大逆転の予感。ビール片手に見入るラグビーファンも多いに違いない。

 それにしても、この夏は、TEAM NACSの面々の活躍が目立つ。TEAM NACSといえば、北海学園大学演劇研究会出身の森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人組。舞台公演をすれば、もっともチケット入手が困難と言われる人気演劇ユニットである。

 その5人のうち、現在は『日曜劇場』の大泉はじめ、地元北海道も舞台の朝ドラ『なつぞら』にヒロインなつ(広瀬すず)と親しい和菓子屋一家の店主で安田、幼なじみの父親役で戸次、なつが育った牧場の従業員で音尾が出演中。安田は6月まで『白衣の戦士!』に、戸次はフジテレビの月9『監察医 朝顔』にも強行犯係の刑事役で出演中だ。

 彼らの強みは演技力、存在感に加え、独自の魅力があること。それは地元での活動時代から培った「面白ユニット」とドラマでの顔のギャップである。

 地元北海道では熱烈ファンが多い『ハナタレナックス』などバラエティーで大人気となり、全国区となってからは、『さんまのまんま』で爆笑トークを繰り広げ、あの『SMAP×SMAP』では、5人対5人で卓球対決。この段階では、若いんだか、おじさんなんだかよくわからない(ちなみに一番いかつい顔の音尾が一番年下)なんなのこの面白ユニットは?という印象だった。

 しかし、その後は各人シリアスな役も増え、音尾は日曜劇場『陸王』で目を血走らせたマラソンコーチ、安田も『重版出来!』ではヒロインに嫌味を連発するしましまシャツのマンガ編集者などの役で登場。面白顔も見ているだけに、怖い顔や嫌な顔をしたときのギャップがすごい。

『ノーサイド・ゲーム』の大泉洋は、大雨の中でスーツのままタックルして転倒したり、なぜかまわしをつけて相撲までする大奮闘。回想シーンで、若作り大学生で出てきて笑ってしまったが、その君嶋はがり勉学生で笑顔もなし。大泉は今のところこのドラマでは全編大真面目顔なのだ。日曜劇場の前作『集団左遷!!』は、福山雅治の数々の顔芸が話題になった分、大泉洋は自らの顔芸は封印しているのかもしれない。

 北海道での仕事を中心にしている森崎が同じ日曜劇場『下町ロケット』で無人トラクター開発に挑む主人公(阿部寛)の盟友役で出演したことも記憶に残る。あまりドラマに出ていない森崎は貴重な存在として、今後、ここ一番で起用される可能性は高い。常にどこかに出ているTEAM NACS。今や日本のドラマの何割かは、彼らが回しているのである。

関連記事(外部サイト)