夏ドラマ主演俳優 “男はアラフィフ、女はアラサー”の意味

夏ドラマ主演俳優 “男はアラフィフ、女はアラサー”の意味

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)主演の大泉洋は46歳

 今クールの夏ドラマに主演する俳優たちの世代には、ある特徴的な傾向が見られるという。昨今のテレビ局のドラマ制作に対する考え方を反映しているようで…。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 7月も下旬に突入して夏ドラマの過半数が出そろいました。下記にプライムタイム(19〜23時)で放送されている新作ドラマを主演俳優の性別ごとに挙げていきましょう。

 まず女優の作品は、上野樹里さん(33歳)主演の『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、石原さとみさん(32歳)主演の『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)、杏さん(33歳)主演の『偽装不倫』(日本テレビ系)、深田恭子さん(36歳)主演の『ルパンの娘』(フジテレビ系)、黒木華さん(29歳)主演の『凪のお暇』(TBS系)、多部未華子さん(30歳)主演の『これは経費で落ちません!』(NHK)。

 次に男優の作品は、大泉洋さん(46歳)主演の『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)、反町隆史さん(45歳)主演の『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京系)、三浦春馬さん(29歳)主演の『TWO WEEKS』(関西テレビ、フジテレビ系)、大森南朋さん(47歳)主演の『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)、唐沢寿明さん(56歳)主演の『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)。

 そのほとんどが、主演女優はアラサー、主演男優はアラフィフに偏っている様子がうかがえます。なぜテレビ局や放送の枠を越えてキャスティングの方針がこれほど偏っているのでしょうか?

◆アラサー女優×コメディ、アラフィフ男優×骨太

 その理由は、プロデュースや編成に関わる各局のテレビマンたちが、「現在最も幅広い世代に人気があり、安定した視聴率を獲得できるのが、女優はアラサー、男優はアラフィフとみている」から。

 事実、初回視聴率は、『監察医 朝顔』13.7%、『Heaven〜ご苦楽レストラン〜』10.8%、『偽装不倫』10.1%、『ノーサイド・ゲーム』13.5%、『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』14.3%、『ボイス 110緊急指令室』12.6%と2桁を記録。『ルパンの娘』8.4%、『TWO WEEKS』8.4%も1桁に留まったものの、ネット上のコメントには好意的なものが多く、まずは順調なスタートを切ったと言えるでしょう。

 前回、「夏ドラマ、前代未聞のオリジナル作品0 人気脚本家も深夜帯へ」 でも書きましたが、夏は在宅率が低く、イベント中継などで放送が飛び飛びになりやすいなど、業界内で「夏枯れ」という言葉もあるほど視聴率が低迷しやすい時期。そのため、「原作のある作品をベースに」して、さらに「アラサーの女優かアラフィフの男優を主人公に据える」という2重の安全策を採っているのです。

 もう少し掘り下げてみると、アラサー女優の主演作『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』『偽装不倫』『ルパンの娘』はコメディであり、『凪のお暇』『これは経費で落ちません!』もコミカルな要素を盛り込んだ作品。アラサー女優は視聴者に笑いをもたらす明るい演技を求められている様子がうかがえます。

 一方、アラフィフ男優の主演作『ノーサイド・ゲーム』『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』『ボイス 110緊急指令室』は、いずれも骨太な世界観の作品。アラフィフ男優は視聴者に緊張感をもたらす重厚感ある演技を求めている様子がうかがえます。

 つまり、各局ともに安定した成果をあげたいときは、アラサー女優×コメディ、アラフィフ男優×骨太の作品を選ぶ傾向が強くなっているのです。

◆「初主演がいない」現実に漂う寂しさ

 さらに、安定した成果を出すための戦略として、アラサー女優の主演作は、原作を大胆に脚色。アラフィフ俳優の主演作は、原作に忠実な制作姿勢を打ち出しています。

『監察医 朝顔』の原作でヒロインの母が亡くなったのは阪神大震災でしたが、ドラマでは「東日本大震災で行方不明」という設定に変更。『偽装不倫』の原作はヒロインの相手役が韓国人で旅先も韓国でしたが、ドラマでは「日本人で旅先は福岡」という設定に変わっています。『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』『ルパンの娘』は、原作のイメージよりもコメディ路線に振り切るなど、「アラサー女優には、原作にしばられず伸び伸びと演じてもらおう」という姿勢が見えます。

 一方、『ノーサイド・ゲーム』『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』『ボイス 110緊急指令室』は、「アラフィフ男優には、原作のイメージを大切にして演じてもらおう」という姿勢。ベテランは演技の計算が立ちやすく、原作ファンからの批判があがりにくいため、このような姿勢になりやすいようです。

 ともあれ、ここまでキャスティングの方針が重なるのは、各局のマーケティング感覚が似ているからに他なりません。視聴者にとって「安心して見られる」のは良いことではありますが、「思い切ったトライも見たい」と思っている人も少なくないでしょう。

数年前まで、「視聴率が獲りにくい夏は、ダメ元で思い切った抜てきをするチャンス」と言われていました。それだけに、今夏のプライムタイムで放送されている新作ドラマに「初主演が一人もいない」という現実に一抹の寂しさを感じてしまいます。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)