ジャニーズへの「圧力注意」 公取委による見せしめ目的か

ジャニーズへの「圧力注意」 公取委による見せしめ目的か

公取委が調査に入ったジャニーズ事務所(写真/時事通信社)

 7月17日20時59分、NHKが緊急速報を告げた。《元SMAP3人のTV出演に圧力の疑い ジャニーズ事務所を注意 公正取引委》と、テロップが流れたのだ。

「稲垣吾郎さん(45才)、草なぎ剛さん(45才)、香取慎吾さん(42才)の3人を出演させないよう、民放テレビ局に圧力をかけたことが独占禁止法違反(不正な取引方法)につながる恐れがあるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意したとの内容でした。その後、NHKは『民放テレビ局関係者が、ジャニーズ事務所に圧力をかけられたと公取委に証言した』とも報じました」(テレビ局関係者)

 7月9日にジャニー喜多川社長(享年87)が亡くなってから間もないこの時期に、なぜNHKは「圧力疑惑」を報じたのか。

「ジャニーさんが亡くなったばかりで、死者にムチ打つかのようなタイミングにも思えます。ジャニーズ事務所に恨みを持つ人間が“黒幕”として、民放各局の忖度を打ち破るためNHKの関係者にリークした可能性まで囁かれています」(芸能関係者)

 そもそも公取委とは「独占禁止法」の運用を行う内閣総理大臣所轄の行政機関。近年、企業と雇用契約を結ばないフリーランスの権利保護や労働環境の改善を目指す動きは加速しており、昨年2月、公取委の有識者会議は「事務所が強い立場を利用して、芸能人などと不当な契約を結ぶことは独禁法違反の恐れがある」と指摘していた。

「その時、公取委は芸能事務所などに自主的な改善を呼びかけました。芸能界だけでなく、所属チームの了承を得ずに移籍したスポーツ選手が試合に出られないなどスポーツ界のトラブルにも、彼らは情報提供を呼びかけています。より快適な場を求めて移籍した人の活動を制限しないよう、公取委は摘発に力を入れています」(全国紙社会部記者)

 そのタイミングで浮上した「大物」が新しい地図の3人だった。

「公取委が取り組みを強化したタイミングで3人の番組が打ち切りになったこともあり、ファンから公取委への苦情があったそうです。公取委としては、あえてジャニーズ事務所を“見せしめ”にすることで、芸能界全体に厳格な姿勢をアピールしたかったのでは。ジャニーさんの死でジャニーズ事務所が注目されているタイミングで、より世間の目が向くようにする狙いもあったのかもしれません」(前出・全国紙社会部記者)

※女性セブン2019年8月8日号

関連記事(外部サイト)