Toshl 絵画個展初開催で告白「サプライズは羽生結弦さん」

Toshl 絵画個展初開催で告白「サプライズは羽生結弦さん」

新たな分野に挑戦するToshl(本人のInstagramより)

 昨今、アーティスト活動以外に、バラエティ番組やクイズ番組に出演し、意外な姿を見せ続けているToshlが、さらに驚く“変身”を遂げた。絵画の個展を歴史ある東京・上野の森美術館で開催することが決まった。Toshlは、現在「龍玄とし」として活動の幅を広げているが、絵画展はその龍玄とし名義で開く。

「展示されるのはToshlさんが、自分の楽曲を絵として表現したものです。ミュージシャンで絵を描く人は少なくありませんが、自らが作詞・作曲した音を描くというコンセプトのアート表現は日本を代表するシンガーでありミュージシャンである彼ならでは。他に例を見たことがありません。これまでにない世界観を味わうことができると美術関係者たちの間でも話題になっています」(展示会関係者)

 展示会の名前は『マスカレイド・展』(音の世界を、描く)。マスカレイドとはToshlのソロ曲で、先日開催されたアイスショー『ファンタジー・オン・アイス2019』で、あの羽生結弦選手が踊った曲としても知られる。Toshlはこれまでたびたび自身の番組『ニコニコ生放送 CRYSTAL ROCK チャンネル』でその思いを語ってきた。

「僕はビートたけしさんのファンなんです。たけしさんは、本業はもちろん、それ以外の分野にも積極的にチャレンジしています。映画監督、役者、作家、画家……常に自分の可能性を広げていますよね。僕も、最近はバラエティ番組に出演したり、小説の執筆を始めたりしているのですが、別分野に挑むと新しい発見がたくさん見つかる。その楽しさに気づき、絵を描いてみようと思ったんです。絵については素人なので、戸惑いながらのスタートでした。途中で野性爆弾のくっきーさんから“絵は習っていないほうが自由でいいんですよ”って、背中を押してもらってからはスムーズに描けました」

 羽生選手が踊った曲としても知られているマスカレイドについては

「実は、羽生さんを題材とした絵も描きました。(ファンタジー・オン・アイス2019で)羽生さんが“歌っているToshlさんの中に入って演じました”と言ってくださったんです。つまり“僕の気持ちになりきって”演じてくれたのだと思うのですが、今度は僕が“羽生さんの中に入って”描きました。ファンタジー・オン・アイスの富山公演のリハーサルの時に、羽生さんに“羽生さんをモチーフにした絵を描いてもいいですか?”と相談したんです。そしたら羽生さんは“嬉しいです!”と言ってくださいました」

「羽生選手をモチーフにした絵」については

「マスカレイドは赤と黒のイメージ。羽生さんも赤のイメージなんですが、演技に応じて、その赤が刻一刻と変化しているように感じたんです。“血の滴るような赤”“血のにじむような赤”“燃え上がるような情熱的な赤”と変化したかと思えば、“あどけない少年の頬のような赤”に変化する時もありました」

「どんな絵になったかは、展示会でぜひ皆さんの目で見てもらいたいですね(笑)。描く前には羽生さんの過去のインタビューを読み込み、アイスショーのビデオを見返したりしたそうです。羽生さんがアイスリンクで氷を削るエッジの音は、この色でこんな筆捌きかなとか、どんな時も挑み続け、進化し続ける羽生さんになりきってというか、僕が羽生さんの中に入り込んで、二人の魂を合体させて描きました、と意気込みを熱く語っていたそうです」(展示会関係者)

 上野の森美術館の後には、長野県や大阪府と巡回していく。Toshlが羽生選手をキャンバスの上で踊らせた絵。気になるコラボである。

【プロフィール】Toshl(龍玄とし)/1989年にバンド「X」のボーカリストとしてメジャーデビュー。2018年から「龍玄とし」名義で活躍の幅を広げる。個展の詳細は龍玄としオフィシャルウェブサイトを参照。https://toshi-samuraijapan.com/eve_2019kotenUeno/

関連記事(外部サイト)