キンプリコンサート メンバーこだわりの紙吹雪&水浸し演出

キンプリコンサート メンバーこだわりの紙吹雪&水浸し演出

入手困難!キンプリライブをレポート

 King & Prince((平野紫耀・22才、永瀬廉・20才、高橋海人・20才、岸優太・23才、神宮寺勇太・21才)が7月21日、コンサートツアー『King & Prince CONCERT TOUR 2019』の横浜アリーナ公演を開催した。

「みんなも、すぐに恥ずかしがらずに、周りの友達だったり、家族だったり、彼女、彼氏だったり、言いたいことが何かあればすぐ伝えてあげてください。

 ぼくも恥ずかしくてジャニーさんに言えなかったことがあるので、この場を借りて言えたらなぁと思います。今、ぼくたちの目の前にいる、このファンの人たちを必ず幸せにします! そして、ずっと笑顔にします!」

 平野紫耀がそう話すと、4人は神妙な顔で頷く。

 デビューから1年、そしてジャニー喜多川社長(享年87)の逝去後、初めてとなる特別なコンサート。ステージ上で、キンプリは自分たちの使命を確かめ合うかのように、最高のパフォーマンスをファンに見せた。

 会場となった神奈川・横浜アリーナは、集まった1万5000人のファンの熱気で満ちていた。

「19日からツアーが始まり、21日までに長瀬智也さん(40才)や松本潤さん(35才)などジャニーズ事務所の先輩のほか、小栗旬さん(36才)一家らが駆けつけたそうです。

 芸能界にも、彼らのファンは多い。それほど注目度が高いので、今、最も取りづらいチケットの1つ。ファンクラブでチケットの当選が発表された後、チケット転売サイトでは、通常価格6900円のところ、10倍前後の値がつけられていました」(音楽関係者)

 横浜は、7都市32公演を巡るツアーの出発点。そのプラチナチケットを射止めたファンだけが共有できた特別な舞台を、読者の皆さんに特別にお届けします。

◆6曲目は半裸になって

 時刻は16時半。会場が暗転し、モニターにパジャマ姿のメンバーが映し出されると、ファンの絶叫がこだまする。2分半の映像が終わり、1曲目『君を待ってる』が流れると、ゴールドの衣装をまとったメンバーがステージに駆け出してくる。

「その後、メンバーの自己紹介ラップもあり、大盛り上がり。特に6曲目の『Bounce To Night』では、メンバーがシャツをはだけさせ、半裸になるともう大興奮。幸せな瞬間でした」(熱心なファン)

 王子様スタイルの白いジャケットに着替えて臨んだ11曲目の『Glass Flower』。曲の中盤、上から桜の花びらに見立てた薄ピンク色の紙吹雪が降り注ぐ。それは、ステージの5人を隠してしまうほどの量だった。

「これは神宮寺勇太さんと高橋海人さんこだわりの演出です。昨年のコンサートは初めてだったため、演出も手探りでしたが、そのステージを見た松本さんから食事に誘われ、その場でアドバイスを受けたそうです。そこから何度もメンバーで話し合い、演出を決めました」(スポーツ紙記者)

 14曲目の『サマー・ステーション』では、メンバーはトロッコに乗りながら水鉄砲でファンに水をかける。その“サプライズ”を受けたのはステージ席のファン。永瀬廉の「みんな水浸しにしちゃうよ!」という声に、「かけて〜!」という水を求める声があちこちから上がる。メンバーは縦横無尽に動き、手を振るファンに水をかけまくる。びしょ濡れになったファンだったが、その表情は笑顔であふれていた。

※女性セブン2019年8月8日号

関連記事(外部サイト)