吉本闇営業騒動に元組長「スケール小さ過ぎてイヤになるわ」

吉本闇営業騒動に元組長「スケール小さ過ぎてイヤになるわ」

元組長が芸能人との交友を語る

 吉本芸人の闇営業問題は、芸能界と反社との関係性を改めて浮き彫りにしたとされる。ジャーナリストの伊藤博敏氏が、名だたる昭和スターたちと交遊を重ね、“最後の顔役”と言われた元山口組直参組長に、吉本興業の闇営業騒動と、勝新太郎さんとの思い出について聞いた。

 * * *
 元山口組直参組長・天野洋志穂(よしお)。「伝説のヤクザ」といってよかろう。昭和15年生まれの79歳。三代目山口組最高幹部だった「ボンノ」こと菅谷政雄・菅谷組組長の若中(直参)を務め、波谷組を経て、山口組ナンバー2である若頭の宅見勝が率いた宅見組副組長になった。

 1997年、宅見が同じ山口組中野会によって暗殺されると、1998年、天野組を組織、翌年、山口組直参となり、中野会報復体制を継続。2002年、傘下組員が沖縄で中野会副会長を射殺している。

 武闘派として知られる一方、勝新太郎、鶴田浩二、高倉健、菅原文太といった映画スターとの交遊は、知る人ぞ知るところであったが、それが表沙汰になったことは一度もない。

 2008年、六代目山口組から除籍処分を受けて引退。以来10年強が経過したが、芸能界の「裏」と「表」を知る天野は、吉本興業の雨上がり決死隊・宮迫博之らの闇営業発覚を機にした直近の引退騒動を、どう見ているのか。

「スケールが小さ過ぎてイヤになるわ」

 天野の口から出た最初の言葉がこれだった。天野と映画スターとの間にあったのは、「カネをもらって芸をし、一緒に酒を飲む」といった金銭の絡む軽い関係ではなかった。

◆母の法事に来てくれた

「今も、先生の声が聞こえることがあんねん。『あまちゃん、それはイカンよ。みっともないよ』と、ね」

 天野が先生と呼ぶのは勝新太郎である。菅谷の組長付として常に同行していた頃、映画『無宿』(1974年公開、高倉健と初共演の道中もの)を撮影中の勝が、菅谷に「(天野に)会いたい」と伝言を託したのが最初だった。

「何を気に入ってくれたのかは知らんねん。何かいい印象があったんでっしゃろ。ボディガードというんではなく、ただ『側におれ』と。以降、わしの女房も可愛がってくれて、家族ぐるみの付き合いが始まった」

 天野がしきりに口にするのは「所作」という言葉。ふるまいや身のこなしのことだが、天野の場合、そこにもう少し「人としての生き方」も含ませている。ヤクザというより人間としての所作。それを、一芸を極めた9歳年上の勝が学ばせてくれた。だから「先生」であり、兄である。

「わしが親しくしていた銀座のクラブママの母親が亡くなった時、わしが葬式を仕切ったんや。そうそうたるメンバーが来てくれて、先生にも来て欲しかった。自慢というか、見てもらいたかったんやね。でも、そういう時、先生は無視する。『あまちゃん、みっともない』という感覚やろうね。それでいて、その数か月後にあったわしの母親の一周忌には、朝から来て、ものも言わんと家族席に座ってる。そういう所作のできる人なんや」

 天野だけでなく夫人も可愛がっていた勝は、夫婦喧嘩をしているのを気に病み、色紙を贈ってくれたこともあった。

「先生の娘さんの結婚式に出席した時やった。先生が用意してくれた色紙が『月』。ふたりで手を取り合って、極楽まで一緒に行くように、という意味やと解釈したんやけどね。仲良うしいや、と。家に飾ってあります」

 天才肌の勝は、作品作りで妥協はしない。予算も台本も、あってないようなもの。こだわり抜いて作るから赤字になる。勝プロダクションの倒産も囁かれ出した頃、起死回生の作品が舞い込んできた。黒澤明監督の『影武者』(1980年公開)である。

「先生のところに、黒澤監督がやってきて、(影武者の)衣装合わせをしたんや。その後、先生が『あまちゃん、天下の黒澤が、わしにたばこの火をつけてくれたよ』と。その時、先生に“驕り”を感じ、大丈夫かな、と思った」

 予感は的中する。クランクイン直後の1979年7月、勝が自分の演技を確認するため撮影所にビデオカメラを持ち込むと、黒澤は「演技は自分に任せてくれ」と、ビデオ撮影を拒否し、それがきっかけで降板に至る(代役は仲代達矢)。

◆勝新とラブホに三日三晩

『影武者』降板の影響もあって、勝プロの業績悪化に歯止めはかからず、1981年9月、負債総額12億円で倒産する。債権者とマスコミの目を逃れるために、勝は大阪で身を潜めた。付き添ったのは天野である。

「とにかく身を隠せ、というので大阪のラブホテルで、三日三晩、先生につきあった。将棋を指したりテレビを見たり。でも、着替えなどを取りに家に帰ったところをスポーツ紙の記者に見つかった。わしを張ってれば先生に行き着くと思った記者が、自宅周辺にいた。(ホテルまでつけられて)『ここに勝さん、おるでしょう』と。それで逃れられんと思った先生は、わしの車で東京に戻って、記者会見に応じたんや」

「あまちゃん」「先生」と呼び合う二人の関係に、利害得失や金銭が絡んだことはない。が、倒産整理はヤクザの得意技である。

「負債総額は12億円。裏も合わせればもう少し多いけど、債権者会議を仕切ったのは、わしも知ってる関西の右翼の整理屋やった。任意整理に持っていって話は大体、つけたんやけど、千葉の木更津にうるさいのがひとりおった。地元の暴力団系金融屋。先生と一緒にそこに行くと、20〜30人、若いのを揃えて待ってるわけや。『田舎モンのすることや、こんなん偽物や』と思うた。『どちらさんですか』というので、『大阪の天野や』と。後は駆け引き。気合いで押し通し、最後は納得させて乗り切った」

 勝は、翌年、妻の中村玉緒を社長に新生勝プロを起こして活動再開。NHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』(1987年放送)で豊臣秀吉を演じるなど復帰を果たした。しかし、1996年11月、喉頭がんであることを告白して、柏市の国立がん研究センターに入院する。天野は最期までそばにいた。

「誰にも知らせず、玉緒さんと子供、それにわしが世話するぐらいで、静かで穏やかな入院生活やった。同じ病棟の同じ階に、(萬屋)錦之介が入院してて、もちろんお互い良く知ってんやけど、会っても話もせんの。向こうは奥さんが車椅子を押し、こちらはわしが押し、やっぱり自分の弱った姿を人に見せたくないんやね。

 二人はほとんど同じ年(萬屋がひとつ下)やけど、錦之介の方が先(1997年3月)に亡くなって、そのニュースを、わしが付き添ってるときにたまたま病室で見てしまった先生は、見るからにショックを受けとったね……」

 勝は、その3か月後の1997年6月、65歳の若さでこの世を去った。

●いとう・ひろとし/1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業、編集プロダクションを経て、ジャーナリストに。経済事件、暴力団事件などの取材に定評がある。主な著書に『黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」』など。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)