高倉健さん、鶴田浩二さん 任侠映画は本物ヤクザが演技指導

高倉健さん、鶴田浩二さん 任侠映画は本物ヤクザが演技指導

元組長が高倉健との交友を語る

 吉本芸人の闇営業問題は、芸能界と反社との関係性を改めて浮き彫りにしたとされる。だが、「あんなスケールの小さい男たちと一緒にしてもらっては困る」という声もある。勝新太郎さんを「先生」と呼んで慕った元山口組直参組長・天野洋志穂(よしお)氏(79)に高倉健さんら昭和の名優たちとの思い出を聞いた。ジャーナリストの伊藤博敏氏がリポートする。

 * * *
 天野にとって勝は、「人生の所作」を教えてくれた大事な兄で先生だが、一方で「ヤクザの所作」を教えてくれたのは三代目山口組最高幹部だった「ボンノ」こと菅谷政雄・菅谷組組長だった。

 最初の懲役を終え、賭場に出入りしていた天野の豪快な賭けっぷりが気に入った菅谷は、1969年頃からなにかと目をかけるようになり、1971年、正式に盃を与えて若中(直参)とした。当時、菅谷組は隆盛を誇った三代目山口組の中核部隊だった。

 少年時代、あまりの素行の悪さに、近所の寺の住職が、「煩悩をいさめよ!」と、怒鳴ったことから「ボンノ」と呼ばれるようになり、本人も気に入ったのか、初対面の相手には「ボンノだす」と、挨拶していた。

 組員が声を掛ける時は「親分」ではなく「ボス」。洋画とジャズを愛し、リンカーン・コンチネンタルに乗り、ハットを被って仕立てのいいスーツを着たかと思えば、ジーンズもはきこなす洒落者だった。

 菅谷が、「遊び仲間」として付き合ったのが映画プロデューサーの俊藤浩滋(しゅんどうこうじ)だった。菅谷とともに戦前、地元神戸の賭場に出入りしていた俊藤は、戦後は菅谷グループの一員として暴れる。その後、東映京都撮影所の岡田茂所長(後に社長)と知り合い、独特の人脈と交渉力を買われ東映のプロデューサーになった。俊藤が頼った菅谷はまさに東映の「顔役」だった。

「ボスと一緒に京都の東映太秦撮影所に行くと、入り口の右手に俊藤さんのプロダクションがあって、そこに挨拶してから俳優のところに行く。鶴さん(鶴田浩二)、健さん(高倉健)、文ちゃん(菅原文太)とは、ボスの縁で知り合った」

 東映が、ヤクザ映画に舵を切ったのは、俊藤をプロデューサーに迎え、鶴田浩二と高倉健を2枚看板に、任侠映画を次々にヒットさせてからである。鶴田には『博徒』や『関東流れ者』などのシリーズがあり、高倉には、『日本侠客伝』や『昭和残侠伝』などのシリーズがあった。賭場の仕草など現場の緊張感は、菅谷が教えた。

「義理人情を重んじる寡黙なヤクザ者」が高倉の役どころだったが、天野が知る高倉はコーヒー好き、話し好き、本好きの親しみやすい役者だった。

「健さんは、太秦の撮影所で麻雀やったり、博打やったり、女遊びをしたりせぇへんかった。酒も飲まんしね。でも人嫌いというわけやないよ。晩年もわしとは通ってる病院が一緒で、よう会うた。二人で会うと貸し切りの別室でいろんな話をした。あの人は撮影が終わると海外のいろんな所に行って、いろんな本を読むから知識が豊富。コーヒー飲みながら、饒舌に話してくれたよ」

 高倉は、俊藤プロデュースで菅谷を主役にした実録映画『神戸国際ギャング』で主演を務めた(1975年公開)。天野によれば、そこが高倉と俊藤(東映)の終わりの始まりである。

「たいしたことがない映画やった。三流映画というかB級映画というか。映画で描かれたのが、実際にあった話なのは事実。そこは、俊藤さんは事実や細部にこだわる人やから。でも、健さんの美学には合わない。(劇中では)週刊誌を読みながらセックスしたりするんやから」

 そこから高倉は俊藤と距離を置くようになる。任侠映画が飽きられ、本人も飽きていた。俊藤プロデュース作品には出なくなり、東映を飛び出して、『幸福の黄色いハンカチ』(松竹、1977年公開)に主演、性格俳優への道を歩む。だが、義理堅さは変わらなかった。

「健さんは、律儀な人やった。ボスの命日は1981年11月25日。東映を離れて何年も経つのに、健さんはボスの七回忌まで毎年、誰かと鉢合わせせんようにと、命日の早朝、墓参りを続けとった。七回忌の後、わしのところに『これを区切りにします』という連絡をもらって、初めて知ったんやけどな。その後も、毎年、『高倉』と書かれたお線香を贈ってくれた」

●いとう・ひろとし/1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業、編集プロダクションを経て、ジャーナリストに。経済事件、暴力団事件などの取材に定評がある。主な著書に『黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」』など。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)