四代目三遊亭圓歌 鹿児島訛りを武器に変えた襲名披露

四代目三遊亭圓歌 鹿児島訛りを武器に変えた襲名披露

三遊亭圓歌の魅力は? イラスト/三遊亭兼好

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、四代目三遊亭圓歌が襲名披露でみせた先代とは異なる魅力についてお届けする。

 * * *
 襲名には色々と面倒が付きものだが、先代が後継指名をしていると話が早い。『中沢家の人々』でお馴染みの三代目三遊亭圓歌は生前「圓歌の名は歌之介に継がせたい」と公言し、亡くなる前年(2016年)の落語協会の納会で柳亭市馬会長に改めて「四代目圓歌は弟子の歌之介に継がせたいので頼む」と言ったという。

 その遺志を受けて落語協会は昨年、三代目の一周忌のタイミングで歌之介の四代目圓歌襲名を正式決定。今年3月、晴れて襲名の運びとなった。この時期の襲名には「新元号に合わせて新しい圓歌を誕生させる」という意味もあったようだ。

 襲名披露興行はまず上野鈴本演芸場(3月下)、新宿末廣亭(4月上)、浅草演芸ホール(4月中)、池袋演芸場(4月下)、国立演芸場(5月中)と都内の寄席定席5軒を廻った後、全国25か所で行なわれる。6月22日に東京・有楽町のよみうりホールで開かれた「三遊亭歌之介改メ四代目三遊亭圓歌襲名披露興行」も、その全国ツアーの一環だ。

 この日の出演者は三遊亭小遊三、林家たい平、桃月庵白酒ら。落語芸術協会は6月27日より春風亭昇太が会長を務める新体制に切り替わったが、この時点では小遊三は芸協副会長兼会長代行。たい平は落語協会理事、白酒は出身が四代目と同じ鹿児島、それも隣町という縁がある。

 圓歌の弟子で二ツ目の天歌が新作『甲子園の土』で開口一番を務めた後、白酒『つる』、たい平『禁酒番屋』、小遊三『引っ越しの夢』と続き、休憩を挟んで襲名披露口上へ。司会は一門の弟弟子である三遊亭歌武蔵が務め、居並ぶ白酒、たい平、小遊三が次々と口上を述べて、小遊三の音頭で三本締めとなった。

 歌武蔵の『支度部屋外伝』(相撲漫談)の後、トリの高座に上がった四代目は、師匠三代目圓歌の爆笑エピソードから『母ちゃんのアンカ』へ。両親が離婚して母に育てられた幼少期の思い出を中心に、笑いを交えながらホロリとさせるこの自伝的作品、『母のアンカ』と表記されることもあるが、演者自身が最後に「母ちゃんのアンカの一席で……」と締めるのが通例だし、内容的にも「母ちゃん」のほうが相応しい。

 ちなみに寄席の披露目で圓歌はこの『母ちゃんのアンカ』の他に『お父さんのハンディ』『爆笑龍馬伝』なども演じたが、いずれも本編から脱線した漫談がメインの高座。そしてそれが寄席の空気によく似合う。まさに「寄席の爆笑派」だ。鹿児島訛りを武器に変えた四代目の熱くパワフルな高座は、先代とは異なる「新たな圓歌」の魅力に満ちている。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)