大原麗子さん他、50周年『週刊ポスト』表紙女性 70年代編

大原麗子さん他、50周年『週刊ポスト』表紙女性 70年代編

大原麗子さんの存在感は抜群だった

『週刊ポスト』がこの8月で創刊50周年を迎える。創刊は1969年8月22日号。当初の表紙はイラストだったが、1か月経つとモデルを起用。1970年2月6日号からは、女優のポートレートで名を馳せた故・秋山庄太郎氏が撮影担当になった。

 初回の大空眞弓をはじめ、1970年代前半は浅丘ルリ子や松原智恵子などの映画スターが次々と表紙を飾った。『スター誕生!』(日本テレビ系)の開始などを機にアイドルブームが起こり、1975年1月には小林麻美、山口百恵、桜田淳子、浅田美代子と4週連続で若者に人気のタレントがモデルを務めた。大ヒット曲を放った、ちあきなおみやジュディ・オングらも登場し、多彩な“時の女”たちが顔となった。

 ここでは、1970年代に『週刊ポスト』の表紙を飾った女性たちを紹介しよう。

◆大原麗子(1971年7月2日号)
 1974年のNHK大河ドラマ『勝海舟』でのお久役など、ドラマ・映画で存在感を発揮した。

◆岩下志麻(1970年7月3日号)
 1969年『心中天網島』、1970年『無頼漢』など、篠田正浩監督の作品に出演。

◆浅丘ルリ子(1970年8月21日号)
 1955年より日活の看板女優に。1970年『戦争と人間 第一部』などに出演。

◆吉永小百合(1970年9月25日号)
 高校在学中の1960年に日活に入社。『キューポラのある街』『愛と死をみつめて』などのヒット作を続々と生み、日活黄金期を支えた。日本映画を代表する女優として歩み続け、2018年には映画出演120本目となる『北の桜守』がヒット。今年10月11日に新作『最高の人生の見つけ方』が公開される。

◆関根恵子(1970年11月27日号)
 1970年に大映に入社し、8月公開の『高校生ブルース』で主演デビュー。

◆竹下景子(1973年7月20日号)
 高校時代にNHK『中学生群像』に出演し、1973年の『波の塔』で本格デビュー。

◆風吹ジュン(1974年5月31日号)
 1973年に初代ユニチカマスコットガールに選ばれ、1974年5月に歌手デビュー。

◆桜田淳子(1975年1月17・24日号)
 1974年12月発売の『はじめての出来事』で自身初のオリコン1位を獲得。

◆岡田奈々(1975年8月1日号)
 1975年に『ひとりごと』で歌手デビュー。ポッキーの初代CMガールに。

◆大竹しのぶ(1978年2月24日号)
 1973年に女優デビュー。1978年には『事件』の映画版・ドラマ版に同役出演。

◆夏目雅子(1978年3月31日号)
 1977年、カネボウ化粧品のキャンペーンガールに選ばれ、CMで大ブレイク。

●撮影/秋山庄太郎 文/岡野誠

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)