松本・岡村食事会は中止 中居がワイドナショーで裏側語るか

松本・岡村食事会は中止 中居がワイドナショーで裏側語るか

岡村との食事会は直前に中止になっていたという

「中居さんがとうとう『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演することになったそうです。長年、“大きな溝”があったとされる松本さんと岡村さんの仲介役を買って出ただけでなく、本気で吉本問題の解決に乗り出したという雰囲気を感じます」(テレビ局関係者)

 闇営業問題に端を発した吉本騒動が、中居正広(46才)の登場で大きな動きを見せている。

 7月28日に放送された『ワイドナショー』でダウンタウンの松本人志(55才)はナインティナインの岡村隆史(49才)から“会談”を持ちかけられたことを明かした。

「松本さんが過去に著書の中で『ナインティナインはダウンタウンのチンカス』と酷評して以来、岡村さんは松本さんとまったく話せない関係で、共演も避けてきた。その2人が“会談”することに業界は驚いたわけですが、その仲をとりもったのが中居さんだった」(芸能関係者)

 中居と岡村は1996年に『めちゃ×2 イケてるッ!』(フジテレビ系)が始まった当初に共演して以来、20年の仲。一方、中居と松本とは2000年にドラマ共演をして以来、プライベートで飲みに行く親しい仲だ。

「中居さんにはSMAPのように後悔する結末になってほしくないという強い思いがある。松本さんと岡村さんの間をとりもち、食事会をする約束もしたそうです」(前出・芸能関係者)

 岡村は、同じ事務所の中でも信頼する東野幸治(52才)に連絡をとったという。

「岡村さんと東野さんは10年近く続く『東野・岡村の旅猿〜プライベートでごめんなさい…』(日本テレビ系)で共演する仲です。東野さんは『ワイドナショー』での松本さんとの共演はもちろんですが、芸人仲間といい距離を置いている特異な存在で、松本さんからの信頼も厚い。岡村さんは“中居、松本、岡村”会談に東野さんがいてくれたらと思い、連絡をしたようです」(前出・芸能関係者)

“4人の食事会”は一部スポーツ紙で大きく報じられた。

「中居さんの音頭で食事会が開催されたのは『ワイドナショー』放送当日の7月28日で、4人が出席したと報じられた。『ワイドナショー』の収録は通常、放送前々日か前日です。松本さんの『岡村もしゃべりたいと言ってくれている』という発言は、その後に開催されたはずの食事会のことを想定して言っていたんでしょう。でも、食事会は前日夜にドタキャンになってしまった。実際には開かれていないんですよ…」(前出・テレビ局関係者)

 岡村が食事会への出席を決意したいちばんの理由は、加藤浩次(50才)の進退問題の解決だ。

 加藤は7月20日に行われた宮迫博之(49才)と田村亮(47才)の会見の翌々日、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で、吉本興業の大崎洋会長(66才)と岡本昭彦社長(52才)を名指しし、「(2人の)体制が続くなら吉本を辞める」とぶち上げた。今や宮迫問題よりも、加藤vs吉本が大きな注目を集めているからだ。

 岡村は盟友の加藤のために、大崎会長と太いパイプのある松本との“会談”を決意したとみられる。なぜドタキャンになったのか。

「誰かの体調が悪くなったという理由など考えられますが、そういうことはなかったそう。立場から考えて、岡村さんから言い出せる関係ではない。中居さんは仲介役を買って出ているから自分からキャンセルはしないでしょう。松本さんが最終決断をした以外は考えられません。

 岡村さんと直接話してすべてを聞いてしまうと、加藤さんのことをしっかり守らなければならなくなる。そうなると、大崎会長や岡本社長との関係も難しい部分がある。松本さんなりに苦渋の決断をしたんじゃないでしょうか」(前出・別の芸能関係者)

 当の松本は8月6日になって突然、《中居くん 岡村と三人メシもガセがひどいな〜 誰が払うねん! その場合オレか!》とツイッターを更新した。

「問題は、なぜ“ガセ”がスポーツ紙であそこまで大きく報じられたのか。中居さんが仲介した食事会により、騒動が沈静化することを世間に知らしめるために、吉本関係者が情報を流したともいわれていますが…。

 仲介食事会に失敗した責任を感じた部分や、自らの強い思いもあって、中居さんは『ワイドナショー』に出演したいと思い立った。そこで自らいろいろな思いを語ることで、どうにか決着をつけたいと考えているようです」(前出・テレビ局関係者)

 連日、テレビや新聞が取り上げ続けるほどにエンタメ化する吉本問題。視聴率は上がるが、解決の糸口はまだみえない。

※女性セブン2019年8月22・29日号

関連記事(外部サイト)