テレ朝、日曜夜の看板枠 60周年企画なぜドラマ再放送ばかり

テレ朝、日曜夜の看板枠 60周年企画なぜドラマ再放送ばかり

『日曜プライム』のラインナップには再放送作品がいくつも(公式HPより)

 テレビ朝日の夜の看板枠にある“異変”が見られるという。それは名作の再放送ラッシュ。しかも、開局60周年企画だという。テレ朝の狙いとはいったい? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『日曜プライム』(毎週日曜21時〜)は、テレビ朝日唯一の単発特番枠ですが、今月のラインナップを見て驚かされました。

 先週8月4日に『松本清張生誕110年記念 点と線』が放送されましたが、今日11日に予定されているのは『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』。前者は2007年、後者は2009年にそれぞれ2夜連続ドラマとして放送された作品です。

 さらに来週18日には『松本清張生誕110年記念 十万分の一の偶然』が予定されていますが、こちらも2012年に放送された作品。また、25日の『深層捜査スペシャル』は新作ドラマですが、9月1日の『ナサケの女Special〜国税局査察官〜』は2012年に放送された作品です。

 つまり、「この1か月で放送される5回中4回が再放送」ということ。しかもこれらは「テレビ朝日開局60周年記念」の番組であり、日曜夜という在宅率の高い時間帯を踏まえると、異例のラインナップと言えます。

 局を挙げた“60周年記念番組”であり、夏を彩る大型企画にも関わらず、なぜ再放送の作品をそろえたのでしょうか?

◆「大物俳優の名作」なら再放送でもOK

「夏の傑作選」と掲げているように、上記のラインナップは名作ぞろい。いずれも視聴率15%以上を獲得した実績があり、さらに『点と線』はビートたけしさん、『刑事一代』は渡辺謙さん、『十万分の一の偶然』は田村正和さん、『ナサケの女』は米倉涼子さんと、それぞれ大物俳優が主演を務めました。「名作は時代を超えて愛される」というコンセプトの企画であり、「再放送でも高視聴率が獲れる」という目論見があるのでしょう。

 また、見逃せないのは、「松本清張生誕110周年記念」というキャッチコピー。今回放送される『点と線』は2009年にも「松本清張生誕100年記念特別版」、『十万分の一の偶然』は2012年にも「松本清張没後20年・ドラマスペシャル」として放送されていました。毎週平日の日中に『相棒』などを何度も再放送していることも含め、「名作の再放送はテレビ朝日の常とう手段」なのです。

 ただ、どんな名作だとしても、通常なら再放送ではなく、リメイクするのがセオリーであり民放としての矜持。実際、今年は『二つの祖国』(テレビ東京系)、『大奥 最終章』(フジテレビ系)、『砂の器』(フジテレビ系)、『アガサ・クリスティ 予告殺人』(テレビ朝日系)、『白い巨塔』(テレビ朝日系)などの名作が次々にリメイクされました。

 これはテレビ朝日とフジテレビが開局60周年、テレビ東京が開局55周年を迎えたからであり、「大型ドラマを放送しよう」という狙いは明白。だからこそ、今夏の『日曜プライム』の再放送戦略には「そんな消極策でいいの?」という思いが拭えません。

◆名作の縮小再編集に批判の声も

 再放送は当然ながら予算削減につながりますし、もともと夏は在宅率が低く視聴率が上がりにくいことも、今回の消極策につながっているのでしょう。

 また、『点と線』『刑事一代』が2夜分の放送を1夜分に縮小再編集したことも、「名作と言えども、2夜に渡って長時間見てもらうのは難しい」「1夜で気軽に見られるものにしよう」という消極策の1つ。案の定、ネット上には『点と線』を見た視聴者から、縮小再編集したことで、「名作が損なわれた」という声も見られました。

 今回の再放送戦略は、60周年企画というより、「コスパ、夏、視聴率」を考慮したものである可能性が高いため、仮に高視聴率を獲得できたとしても、テレビ朝日の評判が上がることはないでしょう。

 やはりBSやCSではない以上、どんな名作でも再放送で視聴者の信頼を得ることは難しいものがあります。もしテレビ朝日の戦略に他局が追随しはじめたら、地上波のテレビ離れが加速しかねない危険な兆候ではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)