独立・山田邦子が明かす「芸人のギャラ」と「月収1億円時代」

山田邦子、過去には月収1億円も 宮迫博之、田村亮らの騒動にも言及

記事まとめ

  • 山田邦子が40年間所属した太田プロダクションから独立し、今年7月にフリーになった
  • 吉本興業の騒動について、山田は「辞めたいんだったら、辞めればいいのに」と語る
  • 山田は、過去に歩合制になったら、月収1億円もらった時代もあったと告白した

独立・山田邦子が明かす「芸人のギャラ」と「月収1億円時代」

独立・山田邦子が明かす「芸人のギャラ」と「月収1億円時代」

デビュー秘話から独立騒動までぶっちゃけた山田邦子

「辞めた理由なんてないのよ、飽きちゃったの」──40年間所属した太田プロダクションから独立した理由について、そう語るのはタレントの山田邦子(59)。今年7月に晴れてフリーの身となった。

「サラリーマンのみなさんだって、たいていは40年くらい勤め上げたら会社を辞めるでしょ? 私も、いい加減もういいんじゃないって思っちゃったの。数年前に太田プロも社長が代わって、お笑い芸人以外にも、歌手の方やアイドルやら、いろんな人が入ってきた。もともとお笑いの事務所だったのが、だんだん芸事を重視しなくなってきて、そこに違和感はありましたね。だからここ20年くらい辞める、辞めないの話し合いをしてて、なんだかんだ先延ばしになっていたのが、ようやくまとまった形です」(山田・以下同)

 デビュー当時、素人参加型番組の常連だった彼女は、複数の事務所からの誘いを蹴って尊敬していたビートたけしが当時所属していた太田プロに「女性タレント第1号」として入社する。

「最初、『(月収)20万円でどう?』って言われたんだけど、すでにフリーでそのくらいの金額いただいていたので、お断りしたの。そしたら『ちょっと待って!』と言われて、1時間後に『もう10万上乗せして、30万円でどう?』って提案されたんです。契約書もなく口約束で、当時どこの事務所もそうだったんじゃないかな? でも、本当は他にもやりたいこともあったし、1年頑張ったら辞めるつもりだったの。そしたら1年経たないうちにすぐ(月収が)100万円になって、辞めるきっかけがなくなっちゃった」

 そんな彼女が今年の7月に独立。奇しくも時を同じくして、吉本興業では宮迫博之田村亮らの契約を巡って騒動が起きているが、そんな彼らを彼女はどう見ているのか。

「詳しい事情はちょっと分からないけど、辞めたいんだったら、辞めればいいのにね。吉本の芸人は可哀想よね、たぶんあまりお金もらってないんだろうし? それこそ『(オレたち)ひょうきん族』(フジテレビ系。1981〜89年)の時代も、みんなでギャラの話になったときに、たけしさん(北野武)が、(明石家)さんまちゃんの給与明細を見て『おまえ、これ日払いか?』って聞いたの。でも、本当はそれで1か月分(笑)」

 当時、明石家さんまのような人気タレントでも、吉本と、それ以外の事務所ではそれだけギャラに違いがあったのだ。

「でも、それからは番組のクレジットに、さんまちゃんの本名の『杉本高文』って名前が入るようになって、作家料をもらえるようになったの。積極的にネタづくりをしていたから、それもたけしさんが口利きしてくれたんじゃないかな? もう笑い話だけどね」

◆月収1億円以上あった

 その後『ひょうきん族』でも確固たるポジションを確立し、人気急上昇中だった8年目。転機が訪れる。

「ある時、ひょうきん族の楽屋に当時の太田プロの社長と副社長がやってきて、いきなり『今までどうもありがとう』って土下座してきたのよ。わけもわからず、クビを覚悟したら『来月から歩合制になるから』って言われた。その時は『わかりました』って答えたけど、震えが止まらなくなっちゃって。すぐにたけしさんの楽屋に行って、『大変です! クビかもしれません』って言ったら、ちらっとこっち向いて『来月になったらわかるんじゃね?』って笑い飛ばされて相手にされなかった」

 それから1か月後、彼女の給料は6倍になっていた。何をやっても月500万円が最大だったのが、歩合制に変わった途端、3000万円になっていたのだ。

「そこからはバンバンバンって上がってね、当時は月収1億円もらっているなんて言われてね。大阪の番組でポロっと言ったのが広まっちゃって、なんで馬鹿正直に言っちゃたかって後悔しましたよ。まぁ、本当はもう少しもらっていました(笑)。そのかわり、気絶したまま歩くぐらい働いていましたけど」

 自身の冠番組も持つなどタレントとして大成功を収めた彼女は、「唯一天下を取った女性ピン芸人」とも言われる。しかし実は、父親から芸能界入りを反対されていた。説得にあたったのは、あの大御所。

「芸能界の仕事は1年で辞めるつもりだったし、25歳までに結婚するつもりだった。だから、父からは『おまえ、もうそろそろいいんじゃないか』と、常に言われていました。そもそも芸能界入りの時に相談に乗ってくれたのが関口宏さんで、父が立教大学の水泳部の選手だった時、関口さんのお父様が選手の面倒をみていてくれてね、家にも泊まり行かせていただく間柄だったの。それから今でも大切にお付き合いさせていただいているの。梅干しが大好きな方なので毎年、贈らせていただいているんですよ」

 他人との付き合いを大切にする彼女は、自嘲気味に「私は古いタイプの芸人だから……」と語る。そんな彼女のもうひとつの転機となったのが2007年に乳がんの手術を行ったことだ。

「ピン芸人って孤独で自分と向き合って仕事をしていて孤独を愛するって感じで、ちょっとした変態なんですよ(笑)。だから収録後にみんなで食事とか行くのが大嫌いだったんだけど、乳がんを患ってから、その考えが180度変わったの。病院の先生・スタッフにお世話になったことで『人間は一人では生き延びられない』ことに気づいた。

 それでチャリティー団体“スター混声合唱団”をつくって仲間で活動をするようになったんです。今ではみんなで温泉行ったり、ディズニーランド行ったりしていますよ。これからもいろいろなご縁を大切にしていきたいと思っています」

 現在、ラジオ番組『DNA先端医療presents 山田邦子のルーズベルトな夜』(渋谷クロスFM)出演や、ライフワークとなった長唄の会、演劇・舞台などに力を入れている。

「ラジオ番組もそのひとつで独立前からお声がけいただいていたのを、今でも続けさせていただいています。ドラマや映画もしばらくやっていないから、代表作になるようなことを仕掛けて行きたいと思っているの。

 有難いことに独立して、他のタレントさんたちから“山田邦子事務所”に入れてくださいって連絡がすごく多い(笑)。でも、せっかく40年ぶりに1人になって、さっぱりしたから『申し訳ないけど、みなさん少し待ってくださいね』ってお伝えしています」

■取材・文/水口航太、撮影/渡辺秀之

関連記事(外部サイト)