小林麻耶がTVに引っ張りだこ 完全復活の陰に古巣の先輩あり

小林麻耶がTVに引っ張りだこ 完全復活の陰に古巣の先輩あり

バラエティーで活躍中の小林麻耶

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は小林麻耶について。

 * * *
『バイキング』(フジテレビ系)、『朝だ!生です 旅サラダ』(ABCテレビ、テレビ朝日系)、そして『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)と、小林麻耶が連日、番組に出演している。

『バイキング』は夏休み特別企画の最終日を飾った、「復刻!小林麻耶の金曜花嫁修業〜私、花嫁になりました〜」。別スタジオで土田晃之をコーナーMCに「かつ丼」づくりに挑戦した。

 ネットで「バイキング 小林麻耶」で検索すると、まず、この花嫁修業復活についての記事が出てくるのだが、続いて出てくるのは「倒れる」だ。2016年5月19日、小林麻耶は『バイキング』の生放送中に倒れ、救急搬送されている。

 最愛の妹、小林麻央さんの闘病が、夫・市川海老蔵から明かされたのは、その直後。仕事の合間の時間を全て麻央さんのために捧げていた姉・麻耶のことが、多くの人に伝わった瞬間でもある。

◇麻央さんもバラエティーで活躍する姉を応援していた

 これまで何度も書いてきたが、小林姉妹が最初に出たテレビ番組『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の構成を担当していた私は、姉妹がどれだけ仲が良かったか、間近で見てきた。

 年頃の女性なら、何が何でもカレシと過ごしたいであろうクリスマスや誕生日、「家族で過ごすのが好き」と言っていた姉妹。特に、麻耶の麻央さんへの溺愛ぶりは、年齢を重ねても全く変わらず、麻央さんの一周忌、姉妹が所属していた『セント・フォース』が中心になって開いた「お別れの会」で麻耶が読んだ手紙スタイルの弔辞には多くの参列者が涙したものだ。

『バイキング』もそうだったと思うが、麻耶が麻央さんの病室から現場入りして出演し続けていたのは『〜スカッとジャパン』。「ぶりっこOL」内田美樹は、同番組の人気キャラクターの中で、良くも悪くも、もっとも有名で、麻央さんは、これを見るのを楽しみにしていたそうだ。

 妹の病状をもっとも詳しく知っていた麻耶が、ふだんの自分のさらに上をゆく“ぶりっこ”をハイテンションで演じることは、さぞ辛かったと思う。

 そして、料理や家事をことごとく失敗する『バイキング』の花嫁修業は、梨園の妻であり、二人の子供をもつママでもあった麻央さんにとっては、足を引っ張られかねない企画だったようにも思うが、それも麻央さんは楽しみにしていたと聞く。

 だからこそ、『バイキング』の生放送中に倒れたことは、麻耶にとって不覚だったと思う。絶対に麻央さんには知られたくなかったことだっただろうし、そんなことで妹に心配をかけたくなかっただろう。

 その後、麻耶は自身も休養に入り、しかし、麻央さんのためには、身を削って動き回り、病室に笑顔を届け続けた。

 そんな麻耶の願いは届かず、麻央さんは2017年6月22日、天に召される。

 件の「お別れ会」で、海老蔵との再婚説を執拗に報じるマスコミを「なんとかしてよ」と麻央さんに懇願した麻耶は、その直後、電撃婚を果たし、同年8月に芸能界を引退すると発表した。その前後もマスコミに追われ続け、心も体もボロボロになったことは今年5月、『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で麻耶の口から明らかにされた。

『バイキング』のレギュラー陣を公私にわたって大切にする坂上忍は、麻耶のことを誰より心配し、折に触れてメールで励ましてもいた。麻耶を「律儀」と言い、キチンと返信があったり、何かにつけて直接報告を受けたりするのだと坂上から聞いたことがある。

 だからこそ、麻耶も『〜シンソウ坂上』を選び、語ったのだと思うが、常に明るい麻耶が、これまで見せたことがない硬い表情で「死にたくて、しかたがありませんでした」と坂上に告げたことは、個人的に大きな衝撃を受けたものである。

 同番組のラスト、「私はずっと伝える仕事をしてきたので、伝えていきたい、表現していきたいという気持ちがあふれ出ました」と言い、仕事復帰を示唆した麻耶に対し、世間の声はまたさまざまだった。

 実はマスコミの反応も同様で、特に、また『セント・フォース』の世話になるのかと思いきや、TBSの大先輩、生島ヒロシ氏が会長をつとめる『生島企画室』に所属した麻耶に対し、「大丈夫?」という声は少なくなかったのである。しかも夫と共に所属するというではないか。『セント・フォース』の小林麻耶と仕事をしていたメディアは、同事務所への配慮もあり、戸惑ったものだ。

 が、小林姉妹との関係がとても良かった『セント・フォース』は、『生島企画室』で再スタートをきる麻耶にも寛大だったのだ。

 果たして、『バイキング』『〜旅サラダ』『〜スカッとジャパン』と立て続けに麻耶の出演を見て、『生島企画室』に所属したのは正解だったかもしれないと思っているところだ。

 麻耶以外にも、所属タレントのニュースが連日のようにネットにあがる同プロダクション。実は最近になって、生島氏の息子二人も他事務所から父の会社へと移籍したことで、“ファミリー感”はより増しているし、生島氏のガツガツ感やスピード感が、いまの麻耶には必要だし、合っているように思える。

◇「ぶりっこ」は健在、そして多くの味方がバックアップ!

 麻耶を応援しているのは生島ヒロシ氏だけではない。『バイキング』には、スタジオに同じく大先輩の吉川美代子氏がいて、「アナウンス研修で厳しく指導したのに」「研修が終わったら、この口調に戻ってしまった」と、アナウンサーらしからぬ麻耶の発声に何度もダメ出しをしていらした。

 TBSを定年退職して以来、バラエティーに引っ張りだこのせいで、色々「わかっている」吉川氏と麻耶のやりとりは、吉川氏が厳しく言えば言うほど笑いになっていた。

 そんな麻耶だが、『〜旅サラダ』で宮古島ロケに出て、現地の皆さんと触れ合う様子には、彼女の人柄や可愛らしさが前面に出ていたし、何より、“生あて”のナレーションは、アナウンサーらしく、滑舌も良かったし、間や緩急の取り方も完璧で、「さすが女子アナ」という出来栄えだった。
 
 同時にロケでも「ぶりっこ」は健在で、大げさなリアクションをしたり、突拍子もない食リポをする麻耶に、現地の方が素で驚く場面が何度もあった。スタジオでも神田正輝を始め、レギュラー陣も麻耶を面白がり、温かく迎えていて、土曜の朝にはピッタリな内容となっていた。
 
 彼女と仕事をすれば、「ぶりっこ」は彼女の真のキャラクターであることがすぐにわかるので、みんなが受け入れてくれるのだ。
 
 所属事務所の会長の生島ヒロシ氏、今後、バラエティーで共演する機会も多いハズの吉川美代子氏。そして、もう一人、TBSに麻耶が入社する際の採用担当だった小島慶子という強い味方も麻耶には付いている。『恋のから騒ぎ』ファンだった小島が「あんな子がウチに入ってくれたら…」と公私にわたって尽力し、アナウンサー・小林麻耶が誕生したのである。
 
 後輩ではあるが、田中みな実、吉田明世、宇垣美里ら、TBSからフリーになった女子アナは、みんな逞しく、自由で、輝いてもいるが、彼女たちと麻耶との違いは、件の大先輩たちと直で仕事をしていたこと。麻耶が経験したこと全てを知っている大先輩たちに麻耶は支えられているのである。これは強力なサポートだと思う。

 小林麻耶、もう大丈夫だ。

関連記事(外部サイト)