「ももクロ一座特別公演」、時代劇研究家が驚いた内容とは?

「ももクロ一座特別公演」、時代劇研究家が驚いた内容とは?

ももクロ明治座初登場となる『ももクロ一座特別公演』

 ももいろクローバーZの明治座初登場となる『ももクロ一座特別公演』。人気劇団ラッパ屋を率いる劇作家・鈴木聡氏と、数々のヒット映画を手掛けた本広克行氏が作・演出を担当したことでも話題だ。この公演を時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがチェック。「たまげた」というその内容をリポートする。

 * * *
 明治座で上演中の『ももクロ一座特別公演』。時代劇好きの私としては、第一部の芝居「座長・佐々木彩夏 大江戸娯楽活劇 姫はくノ一」のタイトルを見たからにはじっとしてはいられない。早速、劇場に駆けつけ、初めて見るライブのももクロ世界に接し、ひたすらたまげた。

 もちろん、私とて、彼女たちがメジャーデビューまでに苦労を重ね、夢であった紅白歌合戦出場や国立競技場でのライブを実現したこと、ロック界などさまざまなジャンルとの共演やソロでの活動も続けていることは知っている。

 では、なぜ、ももクロ明治座初進出公演でたまげたのか。それは、ももクロ独自の世界とともに日本のエンタメの「伝統」を見たからだ。

 第一部の芝居は、上州桃亀藩のあや姫(佐々木)が、「あたしよりキラキラしないで」「あたしより目立たないで」などとわがまま放題を言って、奥女中のかな(百田夏菜子)、しお(玉井詩織)、れに(高城れに)らをうんざりさける場面からスタート。その後、奥女中たちが実はくノ一だと知った姫は、自らもくノ一となると宣言し、大暴れすることに…。

 時代の「顔」といえるトップアイドル、若手女優が、事件に巻き込まれるお姫様を演じるのは、日本のエンタメ界の「伝統」である。たとえば人気キャラクター『あんみつ姫』は、1950年代には、雪村いづみ(美空ひばり・江利チエミとともに三人娘と呼ばれた人気歌手)が演じ、80年代には小泉今日子が、2008年には、井上真央がこの役を受け継いだ。

 現在、『やすらぎの刻』で貫禄を見せる加賀まりこも、1972年には、町奉行大岡越前の娘ながら危険な潜入捜査をする『姫君捕物控』に主演。1986年には、『おニャン子捕物帳 謎の村雨城』で城之内早苗が町娘と姫の二役、1990年には沢口靖子が姫なのに変装の達人という異色作『お江戸捕物日記 照姫七変化』をヒットさせた。

 こうした伝統的アイドル姫様に共通するのは、ストーリーにはかなりの無理があること。それでも姫様がチャーミングだから許しちゃいますかという気にさせることである。あや姫は、まさにその路線。

 もうひとつ、今回の芝居では、網タイツくノ一の「伝統」も継承された。このイメージを定着させたのは、昭和期の『水戸黄門』に登場したお銀(由美かおる)だが、ももクロメンバーは、色分けくノ一スタイルで元気よく舞台を走り回る。たくさんの敵を相手に、立ち回りの時間が長いことにも正直驚いた。あれだけ動き回って、第二部のライブショーでも元気いっぱいって。どんだけ体力があるのか。ももクロ初心者の私はたまげっぱなしであった。
 
 令和に登場したアイドル姫とくノ一集団。彼女らを応援するため、集まるのがモノノフというのもぴったりし過ぎである。

 なお、個人的にはあやの父上で殿様の国広富之、忍者の頭目・黒兵衛の松崎しげる(暗がりで日焼け顔が見えないというお約束シーンも伝統?)の共演は、約40年前の人気ドラマ『噂の刑事 トミーとマツ』の名コンビまさかの復活で面白かった。気弱なトミーがマツの一言でスーパーマンのごとく強くなるドラマの名場面も復活。ここにも「伝統」が。気になる人は、トミーの秘密を調べてから観に行くことをお勧めします!

関連記事(外部サイト)