伝説のゲイバーママ「高倉健さんとは何もなかったのよ!」

伝説のゲイバーママ「高倉健さんとは何もなかったのよ!」

「吉野」のママが昭和スターの秘話を明かす

 昭和のスターは、芸能界から政財界、文壇、スポーツ界まで幅広い交友を持ち、夜な夜な酒を酌み交わすものだった。そんな自由で輝かしい彼らの親交を、誰よりも間近で見てきたのが、六本木の伝説のゲイバー「吉野」のママ、吉野寿雄氏(88)だ。今年米寿を迎えた吉野ママが、「終活の一環として思い出を記録に残しておきたい」と、スターの集った貴重な店内風景を明かした。

 * * *
 美空ひばり、石原裕次郎、長嶋茂雄、三島由紀夫など、今思えば各界のスターたちが皆お店に来てくれていたわ。有名人が集うレストランは他にもあったけど、うちは何処よりも濃密だった。なぜかって? そりゃ、「ゲイバー」だからよ。

〈夜毎、名だたるメンバーが顔を揃えた「吉野」。数多くのスターに愛された同店で38年間ママを務め、訪れるスターたちの恋や仕事の相談に乗ってきたのが吉野ママだ。

 吉野ママは終戦後、新橋にできた日本初のゲイバー「やなぎ」でゲイボーイとして修業を積んだ後、独立し、銀座「ボンヌール」を開店。当時から越路吹雪や高峰三枝子など客層は華やかだったという。同店で多くのファンをつかんだ吉野ママは1963年、六本木に「吉野」をオープンした。「吉野」は時にスターたちの“密会の場”となり、彼らが素顔を見せるやすらぎの場となった。〉

 当時のゲイバーは、今ほど市民権を得ていなくて、得体の知れない雰囲気があったからね。雑居ビルの2階で看板も出していなかったし、一般の方が気軽に入れる場所じゃなかった。常連だけの超濃密な空間だったのよ。マスコミもいないし、スターがお忍びで来るにはちょうど良かったんじゃないかしら。

 営業時間は夜9時から朝の5時。あの頃はそんな時間までやっている店はなかったから、銀座で飲んだ後に流れてくる芸能人も多かったわ。

〈「吉野」の評判は口コミで広まり、前出のメンバー以外にも、坂本九、大原麗子、森進一、沢田研二など数多くの著名人たちが訪れる“秘密の社交場”となっていった。なかでも足繁くこの店に通っていたのが、俳優・高倉健だ。高倉と言えば酒を飲まないことで知られ、芸能人との交流も好まなかったと言われるが、その高倉が「吉野」の常連となっていたのだ。

 吉野ママと高倉の出会いは東京オリンピック前年の1963年。店を贔屓にしていた俳優・中村錦之助が連れてきたという。〉

 錦ちゃんが「連れが外の車で待っているから呼んできてくれ」と言うから迎えにいったけど、健さんは車も降りずに、仏頂面して帰っちゃった。初めてのゲイバーで抵抗があったのかも(笑い)。

〈再会したのは、高倉が主演を務める映画『網走番外地』の監督・石井輝男氏と一緒に来店するようになってからだ。その頃はまだぶっきらぼうだったというが、石井監督が吉野ママを一目で気に入り、その場でスカウト。同シリーズ4作目の「北海篇」(1965年公開)で、ゲイの囚人役として映画デビューすることになる。〉

 冗談かと思っていたら、オファーされた翌々日には撮影だった。ぶっつけ本番だったけど一発OKだったわ(笑い)。

 このロケの間は、健さんの部屋は旅館の「特別室」だった。その隣がなぜか私の部屋だったの。健さん、寝起きが悪いのよ。朝になると、スタッフに「およしさん、お願います!」と頼まれて、私が毎日、健さんを起こす係になっていた。特別室では、夜になると、一緒にレコードをかけてゴーゴーを踊るの。健さん、踊りは不器用だったわね(笑い)。そうやって一緒に過ごすうちにだんだん親しくなっていったのよね。

〈「毎日のように一緒にいた」という高倉は、吉野ママには銀幕の中とは違う一面を見せた。〉

 健さんは時間があると、「およし、ご飯を食べに行こう」って、南青山の私の家まで、ポルシェで迎えに来てくれて、2人で飯倉のイタリアン「キャンティ」に行く。そのあと、うちの店に来るのがお決まりのコース。健さんはお酒を飲まないから、カウンターの端に黙って座って、インスタントコーヒーを飲んでるの。私は何が楽しいんだろうと思っていたけど、健さん目当ての女性のお客さんが来るから店は大繁盛(笑い)。

 健さんは自分からは喋らないけど、私のバカ話を聞いて「お前、また男食ってるのか?」って笑ってた。

 その頃、健さんは、水前寺清子の歌が好きで『大勝負』をかけては、歌詞に聞き入りながら、ハラハラと涙を流すの。ロマンチストなのよ。

 あまりにウチに入り浸っているもんだから、健さんにあっちの噂も立っちゃって。お店で、女優の清川虹子さんに「あんた、私だけには本当のことを言って頂戴。健さんとはデキているでしょ?」と詰問されたけど、本当に私たちは何もなかったのよ!

●取材・文/宇都宮直子

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事(外部サイト)