柄本佑、安藤サクラと夫婦円満の秘訣「余計な我慢はしない」

柄本佑、安藤サクラと夫婦円満の秘訣「余計な我慢はしない」

今年ドラマ6本に出演する柄本佑

 今年だけでもテレビドラマ6本、映画は現在公開中の『アルキメデスの大戦』に続き、『火口のふたり』など6本に出演している柄本佑(32才)。偉大な父・柄本明(70才)と同じ世界に飛び込んで16年、今や誰もが認める実力派俳優となった。彼が語る、仕事と家族とは。

 5才のころから知るという荒井晴彦監督との初タッグとなった『火口の人』は、大胆で濃厚なラブシーンが多い作品となった。

「荒井さんは料理へのこだわりがある人で、ぼくが演じる賢治も直子(瀧内公美)に作って食べさせるシーンがあるんですが、とにかくガツガツ食べさせるんです(苦笑)。そうやって、食べる時は食べる。セックスする時はする。寝る時は寝る。過激な描写が多いと言われますが、実はこの映画って、人間の営みという非常に普通のことを描いている作品ではないかと思うんです」

 今や映画界で欠かせない存在となった、実力派俳優・柄本佑にとって、作品選びの基準は?

「もともと映画好きなので、この監督の作品だとかこの映画俳優が出ると言われたら、台本読まずとも即決してます。実はかなりミーハーですね(笑い)。でも、年々そういう気持ちが強くなっています。名監督や名優とご一緒できるチャンスは限られていますから。今でも、蟹江敬三さん(享年69)と共演してみたかったって思うんです」

 互いのSNSにも頻繁に登場する仲良し夫婦。実はこの日も、愛妻・安藤サクラが撮影スタジオに顔を見せていた。夫婦円満の秘訣とは?

「そんな…普通にしているだけなんだけどなぁ(笑い)。まあ、余計な我慢はなるたけしないってことですかね。無理があれば“ごめんちょっと難しい”とちゃんと言う。あと、ベタですけど“ありがとう”を忘れないこと。

おむつ替えてくれたり、洗い物してくれたり、日常の些細なことにも“ありがとね”って言うようにしています。ぼく自身、言われたら悪い気はしないし、余計頑張ろうって思いますもん。もし旦那さんが家事を手伝ったら、まず褒めてあげてください。男はわがままで欲しがりな生き物なので(笑い)」

 そんなラブラブな夫婦だと、濡れ場シーンに嫉妬しないのだろうか?

「いやいや、全然。だって親は奥田(瑛二)さんとうちの親父(柄本明)ですよ(苦笑)? 仕事だって割り切ってます。実際、濡れ場の撮影は目の前に荒井監督がいて、この時こう動くという指示が細かくて…アクションシーンみたいでしたから(苦笑)」

撮影/SASU TEI(W)

※女性セブン2019年9月5日号

関連記事(外部サイト)