伝説のゲイバーママ「勝新太郎さんには、今もツケが(笑)」

伝説のゲイバーママ「勝新太郎さんには、今もツケが(笑)」

勝新太郎の豪快エピソードを吉野ママが語る(写真/時事通信フォト)

 六本木の伝説のゲイバー「吉野」といえば、美空ひばり、石原裕次郎、長嶋茂雄、三島由紀夫など各界のスターたちが集った店として知られている。その「吉野」のママ、吉野寿雄氏(88)が、今年米寿を迎え「終活の一環として思い出を記録に残しておきたい」と、貴重な思い出を明かした。

 * * *
(常連客だった高倉)健さんは、誰かにプレゼントするのが好き。私も誕生日に海外ブランドの高級時計をもらったり、当時は珍しかったグッチの服とか旅行カバンとか、色々なものを貰ったわ。でも、私だけが特別じゃなくて、共演者や周りの皆に対してそうだった。

 勝新太郎さんがウチに来て「高倉健が、金のネックレスの凄いのをくれたから、もうオレ、感激しちゃって……」って言うのよ。でも後日、憮然とした様子で「俺と同じやつ、皆にあげてるじゃねぇか!」って。共演者がみんな一緒のネックレスをつけていたんですって。もう大笑いしたわよ。

〈勝新太郎と高倉健といえば、高倉に惚れ込んだ勝がアプローチを重ねた末、1974年にやっと勝プロ制作の映画『無宿』で初共演が叶ったという間柄。それだけに、“ネックレスの真相”を知った勝の落胆はいかばかりだったか。〉

 勝新ちゃんとは、新橋「やなぎ」にいた頃に出会ったの。当時はまだ、中村玉緒さんと結婚する前。とにかくハンサムでモテててね。芳町(日本橋人形町にあった花街)の人気芸者といつも一緒で。「ここなら目立たないから」と、人目を忍んで“逢引き”をしてたのね。

 彼は、ナイーブで神経質な健さんと違って、親分肌でおおらかな人。豪快な性格で、スタッフたちをたくさん引き連れて飲ませては、お勘定を忘れて帰っちゃうこともあった。そういう時は、「勝プロ」がウチの裏にあったから、翌日「お勘定を……」ってお願いにいくの。でも、いまだに返してもらえてないツケはあるわね(笑い)。

●取材・文/宇都宮直子

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事(外部サイト)