多部未華子的ベテラン経理部員 コンサルよりよほど有用説

多部未華子的ベテラン経理部員 コンサルよりよほど有用説

番組公式HPより

 仕事の内情をコミカルに描きつつも、経理の奥深さを垣間見せてくれるNHKドラマ『これは経費で落ちません!』(金曜夜10時)が話題だ。多部未華子演じる、恋に奥手な経理部員・森若沙名子が曲者社員たちに翻弄されながらも、会社の数字と格闘する。

 このドラマ、「えっ、経理ってそんなことまでするの?」というシーンが多い。たとえば、社員から提出された領収書が私的に使用されたものか、適正なものかを調査するために、森若は社員の出張先にまで調査に出かけていた(第1話)。

 8月16日放送の第4話「女の明日とコーヒー戦争の巻」でも、総務課で社内にコーヒーサーバーを導入するかどうかをめぐって騒動が起きた際、導入元のリース会社の財務状況を知るべく、決算書を取り寄せて数字を吟味するシーンがある。

 実はこのリース会社は、総務課の先輩社員・平松由香利(平岩紙)が通うセミナーの講師・三並愛美(須藤理沙)が社長を務める会社でもあった。平松から三並の主宰する「働く女性のための生き方セミナー」に誘われた森若は、三並に会員登録を勧められる。が、その費用として提示された50万円の内訳を尋ねる森若に、三並は「内訳はない」という。

「具体的でないものに簡単にお金は払えない」と会員登録を断わった森若は、三並のそうした経営姿勢に疑念を持つ。コーヒーサーバーの導入元として三並の会社がふさわしいかを確かめるため、決算書を取り寄せたのだ。森若は、決算書の数字と三並から聞いていた話のつじつまが合わないことを発見し、上司に「この会社は信用できない」と報告、取引しないよう具申するのだった。

 経理の仕事は、領収書を処理するだけではない。ましてや領収書の不備や不正を見抜くだけでもない。「仕入の管理」「売上の管理」「現預金の管理」「税金の計算」など多岐に渡る。当然、貸借対照表や損益計算書の数字が意味することも理解できなければならない。

 貸借対照表や損益計算書をつくることはできても、そこから何を読み取るかは経験やノウハウが必要だ。大手企業数社で経理部長を務めた後、「フリーランスの経理部長」として活動し、企業へ出向いての講演も多数行う前田康二郎氏はこう言う。

「取引先の企業の決算書を読み解ける経理がいるような会社は、経営者にとって心強いはずです。私の知る経営コンサルタントたちは、『バックオフィス(人事や経理などの管理部門)が強い会社で潰れた会社は聞いたことがない』と異口同音に言いますよ。決算書の数字を見れば、その会社がどこにお金をかけていて、どこにかけていないかがわかる。つまり、経営方針が読み解けるのです。

 経理の仕事で間違った数字ができてしまうと、有能な経営者でも判断を誤ってしまいます。処理をミスしなくても、経費の費目が違うだけで認識の間違った数字ができてしまう。それくらい会社の数字は大事なのです。多くの会社の社長は現場出身で、そこまで会計に詳しくありません。経理を最大限に活用すれば経営にプラス面が多いのに、できていない企業が多いのが実情です」

 前田氏によると「ベテラン経理部員は、若手データアナリストや駆け出しの経営コンサルタントより会社にとってよほど有用」だが、「経理部員自身でさえ、そこまで経理の重要性ややりがいを認識できているのは半分ぐらい」だという。

 ドラマのように取引先と直接対峙することはまずないだろうが、経理は経営判断に直結する数字をつくったり、取引先の会社の数字を読み解いたりする、重要な仕事であることは確かなようだ。どんな仕事もそうかもしれないが、経理の仕事も、おもしろがれる人にとってはやりがいを感じられる、なかなか楽しい仕事であるに違いない。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)