俳優・横内正 俳優座で、僕の上には常に加藤剛がいた

俳優・横内正 俳優座で、僕の上には常に加藤剛がいた

横内正はなぜ俳優座を辞めたのか

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の横内正が、俳優座入団から退団、蜷川幸雄演出の講演で平幹二朗と共演した思い出について語った言葉についてお届けする。

 * * *
 横内正は一九六四年に俳優座養成所を卒業し俳優座に入団、役者としての道を歩み始める。

「卒業公演でゴーリキーの『どん底』をやったんですけれど、僕はその中でサーチンという大役をいただきました。細川俊之が男爵という役をやり、二人のコンビがなかなか好評で。

 芝居がハネた卒業式で俳優座の総帥だった千田是也先生が『あのサーチンやった人は誰ですか?』って訪ねてこられましてね、『やった!』と思った。

 僕は舞台で大きく表現することへの願望が強かったんですよ。東京に出る前、北九州にいた頃にモスクワ芸術座の芝居を観にいったことが鮮烈に頭に残っていて。彼らのように大きく表現したい思いが強かったんですね。

 それで、歌舞伎の俳優さん専門の肉襦袢(にくじゅばん)をこさえてもらったり、靴も上げ底にしたりで大男のロシア人に変身。それから、僕の声は低いのでそれも効果的に使おうと思いました。ただ、まだ日本人のお茶漬けな発声だからなんとかロシア人の声に近づけないかとロシア料理店でウォッカをガブガブ飲んで喉を焼いたり、馬鹿な真似をしました」

 俳優座は一九七三年に退団している。

「入団してすぐに仲代達矢さんが主演した『ハムレット』でフランシスコ役をいただきました。幕が開いてすぐに『誰だ、名を名乗れ』という自分の声で芝居が始まる。千田先生からそんな役に抜擢してもらえたので、『これでまず俳優座で生きていく第一段階がスタートした』という実感がわきました。同期には加藤剛ちゃんもいましたが、彼ですら台詞のない役でしたから、俳優座にはかなり嘱望されているという思い込みはありました。

 にもかかわらず退団しました。それは、僕の上には常に加藤剛がいたから。スターシステムが新劇の世界にもあったんです。剛ちゃんとは親しかったけど、彼がいるうちは絶対に抜くことはできない、ずっと二番手だろう。これは現実の問題としてね。俳優座が加藤剛でいきたいというのが分かったので、僕としては一生を俳優座に委ねる気持ちが薄らぎ、退団しました。

 フリーになって、商業演劇にも出演するようになりました。おかげで新劇一辺倒の固まった人生よりも、人生が開けたと思っております」

 退団後は蜷川幸雄演出の公演で、同じく俳優座を退団した先輩・平幹二朗と共演してきた。

「僕は僕なりの言葉へのこだわりを持っています。そういう面で範たるべき人が平幹さんだということは事実ですね。

 口跡の良さや発声。シェイクスピアを演じるために生まれてきたような稀有な俳優です。感情が高揚していても、セリフがロジカルに流れる。どこをどう粒立てて相手に分かってもらいたいのか。その力点について俳優としての解釈が明確に伝わってくるんですよね。

 しかも、それをことさらアピールするのではなく、うまく包みこんで平幹さんの世界に僕たちを誘ってくれる。平幹さんと芝居しながらそういう触発をされることで、役者をやっている実感を得ることができました」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

■撮影/黒石あみ

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事(外部サイト)