フォーク界の長老・小室等 75歳の今も毎日スクワット

フォーク界の長老・小室等 75歳の今も毎日スクワット

小室等はフォーライフレコードの初代社長を務めた

 今年は井上陽水がデビュー50周年ツアー、吉田拓郎も73歳での「LIVE73」、さらにアリスも古希を記念してのコンサートなど、往年の“フォークシンガー”たちの活動が話題を呼んだが、その彼らにとって先輩にあたる小室等もまだまだ健在だ。

 1943年生まれ。1968年におもに芝居の劇中歌を担当するバンドとしての六文銭を結成。1971年の第2回世界歌謡祭では、ボーカルに上条恒彦を迎え『出発の歌(たびだちのうた)』でグランプリを獲得。この世界歌謡祭は後に中島みゆきの『時代』(第6回)、世良公則とツイスト『あんたのバラード』(第8回)などを世に送り出している。また上条とは翌年作曲した『だれかが風の中で』(ドラマ『木枯し紋次郎』の主題歌で作詞は市川崑夫人の脚本家・和田夏十)でもコンビを組んだ。

 1975年に陽水、拓郎、泉谷しげるとともにフォーライフレコードを設立して初代の社長に就任。その風貌もあって、当時からすでに“長老扱い”を受けていたようだ。その後も映画やテレビドラマの音楽を担当したり、谷川俊太郎や佐々木幹郎など現代詩人とのコラボレーションを行ったりもしつつ、全国各地で地道なライブ・コンサート活動を続けてきた。今年の11月で76歳になるが、「毎日スクワットを欠かさず、駅ではいまでもエスカレーターではなく階段を上る」。

 8月23日(金)、東京・大森の「風に吹かれて」で、六文銭時代のメンバーだった及川恒平とのライブ。「風に吹かれて」はオープンして今年で13年。オーナーは60年代から70年代にかけて活動したピピ&コットというフォークバンドのリーダーだった金谷あつし。ピピ&コットといえば、ケメこと佐藤公彦や『どうぞこのまま』の丸山圭子が在籍したことで知られている。店内に懐かしいレコードジャケットなどが飾られている、70年代の空気が感じられる「風に吹かれて」は、本来ライブハウスではなく、フォークソング好きが集まって歌ったり演奏したりする店だ。

 及川恒平は1948年生まれ。六文銭には1970年ごろから参加。前述『出発の歌』や『面影橋から』をはじめ、名盤『キングサーモンのいる島』全10曲などの作詞を手がけ、作曲家としても才能を発揮。解散後はソロ活動を経て、阿久悠の事務所に所属して曲作りに専念していた。90年代半ばからライブ活動を再開。ソロ活動の傍ら、小室やかつてのメンバーだった四角佳子とステージに立つようになる。そのユニットには、現在小室の娘ゆいが「父の介護もかねて」参加、令和の時代の六文銭として活動している。

 小室も及川も開演前から店内の常連客と雑談などをしていたが、19時半すぎ、まず小室がステージに上がり、もともとは小室の歌だったという松岡正剛の『比叡おろし』など4曲を披露。入れ替わりに及川も4曲歌った後、休憩をはさんでいよいよ後半へ。

『いのちかえす日』『戦場はさみしい』『引き潮』『石と死者』など、マイクを通さずとも響いてくる2本のアコースティックギターと、二人の年輪を感じさせるハーモニーを堪能した。小室の指はまるで自在に伸縮するかのようにしなやかで、天井の高い空間にいるだけで、言葉にできない心地よさを聴く者にもたらしてくれる。

 客席は(おそらく)かつての六文銭をラジオの深夜放送などで聞いていた世代が中心で、歌だけでなく合間のおしゃべりにもいちいち頷きながら反応している。けっして息を詰めて聞き入っているわけではなく、曲間にはアルコ―ルを口にしながら隣席の人とささやきあったり、みずからも控えめに口ずさんだり。そういえば、第2部では小室自身、IWハーパーの水割りをなめながらのステージだ。

 アンコールはそれまで聴く者だった四角とゆいも加わってにぎやかに『ぼくはムギを知らない』。昨年50周年を機にリリースしたアルバム『自由』の最初に収録されている曲だ。

 この日は『雨が空から降れば』や『出発の歌』といったかつてのヒット曲は聞くことができなかったが、それゆえに昔からのファンもノスタルジックな気分にひたるのではなく、いまも先を見つめている二人を実感した。

●写真・文/東田和美

関連記事(外部サイト)