山口智子と広瀬すず 吉原のネオン街に出没した夜

山口智子と広瀬すず 吉原のネオン街に出没した夜

広瀬すずが意外な場所に出没(時事通信フォト)

 平均視聴率20%超と、絶好調をキープしたまま終盤に突入したNHK朝ドラ『なつぞら』(9月末終了)。ヒロイン役の広瀬すず(21)を始め、人気を支える出演陣の意外な“出没スポット”が明かされたのは、8月18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)だった。

「姉さんが“よし! みんなでご飯行こう!”って企画してくれたんだけど、それが吉原のど真ん中の馬肉屋で。店の正面、両脇が全部ソープランドなの」

 劇中で書店の社長役を務めるリリー・フランキー(55)が暴露したのは、“姉さん”こと山口智子(54、劇中ではおでん店の女将役)が主催した食事会の様子。5月に、日本を代表するソープ街・吉原に『なつぞら』出演者が集ったのだという。

「そこに、電車で来てくれたの、すずちゃんが。すごいところに呼び出しちゃって(笑い)」

 山口がそう明かすと、リリーも思い出し笑いが止まらず。このエピソードにネット上は「広瀬すずがソープ街に!」と大いに盛り上がった。

 一同が集まった店は創業100年を超える老舗で、国産馬肉のみを扱う知る人ぞ知る名店。店舗が国の有形文化財に指定されている。お代は一人1万〜2万円という高級店だ。

 当日の様子について、NHK関係者が語る。

「出演陣の中で、すずさんと比嘉愛未さん(33)の誕生日が同じ6月ということもあり、少し早い合同誕生日会を開いたそうです。みんなでお店の名物・桜鍋を食べながら、盛大にお祝いしたとか」

 それにしても、なぜ山口は吉原を選んだのか。

「劇中が昭和30年代ということもあり、あの時代の名残を感じられる場所ということで、吉原がベストだと思ったそうです。すずさんはもちろん吉原に来るのは初めてで、ネオン輝くソープ街に興味津々だったといいます」(前出・NHK関係者)

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)