稲森いずみ、中谷美紀も 秋ドラマ彩るオーバー40女優の見所

稲森いずみ、中谷美紀も 秋ドラマ彩るオーバー40女優の見所

中谷美紀はバツイチシングルマザーに(写真/Imagine china/時事通信フォト)

 令和元年を締めくくる秋の連ドラは各局がこぞって「大人の色気」を漂わせる美熟女女優をヒロインに起用した。各局の担当者が一足早く10月クールの見所を明かした。

「『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の見所は、ズバリ稲森いずみ(47)と吉田羊(年齢非公表)の魅力に尽きます。稲森はミステリアスなカフェ店員で、吉田は真面目な弁護士役。二人とも阿部寛(55)とひょんなことから出会い、人生が交差していきます。

 偏屈男の阿部との丁々発止のやり取りもさることながら、稲森が胸元の開いたワイシャツ姿で阿部寛と接近したり、吉田羊も弁護士役で露出は控えめですが、黒のジャケットを脱ぐとタイトなセーターでカラダのラインがハッキリ見えたり、日常のなかでドキッとさせるような演技は見物です」(フジテレビ関係者)

 木村拓哉(46)主演で話題の『グランメゾン東京』(TBS系)は、こんなキャスティング秘話がある。

「キムタクの相手役には当初、若手人気女優の起用が検討されていたのですが、今作は恋愛ドラマではなく、挫折を乗り越えて這い上がる成長物語。その主人公を見守るヒロインは、“大人の包容力”を持つ年上の女優がベストだ、と。それで鈴木京香が選ばれた」(TBS関係者)

 松雪泰子(46)主演の『ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』(NHK)も、彼女の存在がそのまま番組最大の魅力となっているという。

 松雪は一流大学の工学部教授で、毎回様々な事故調査委員会に招かれ、その背後にある真相を明らかにしていく物語。

「超型破りな天才工学者役で、草食系男子の助手をブンブン振り回すドSぶりがたまらない。脚本は『半沢直樹』(TBS系)の八津弘幸氏で、事故の裏にある組織のひずみや歪な人間関係を松雪が暴いていく。姉御肌の松雪が見事にハマっています」(NHK関係者)

 そんな松雪のライバルになりそうなのが、『ハル 〜総合商社の女〜』(テレビ東京系)の中谷美紀(43)。

 劇中の中谷は大手総合商社に勤めるバツイチシングルマザー役で、社内の難題を突飛な方法で次々に解決していく破天荒なヒロインを演じる。ドラマの公式HPは、ザックリと脇が開いた黒のノースリーブ姿の中谷がトップに掲載されており、彼女がアグレッシブに躍動する姿に期待が高まる。

『ドクターX』(テレビ朝日系)はいまや米倉涼子(44)の代表作で、“美脚推し”の演出はもちろん、銭湯での「V字開脚入浴シーン」も恒例となっている。「もちろん、今回も期待してください」(テレビ朝日関係者)というから、放送が楽しみだ。

 若い女優にはない、成熟した大人の魅力がテレビドラマに求められる──そんな時代の到来は大歓迎!

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)