多部未華子の経理女子ドラマで考える 社員の不正を防ぐには

多部未華子の経理女子ドラマで考える 社員の不正を防ぐには

番組公式HPより

 とある石鹸メーカーの経理担当と他部署の社員たちとの人間模様を中心に、働く人のリアルな葛藤を描くNHKドラマ『これは経費で落ちません!』(金曜夜10時)の人気がジワジワと上昇中だ。

 第5話(8月23日放送)では、多部未華子演じる経理女子・森若沙名子が「職業的な倫理観」と「同僚への思い」との間で思い悩む。ある時、森若が、先輩経理部員・田倉勇太郎(平山浩行)の親友で同僚でもある熊井良人(山中崇)の不正の兆候に気付いたことがきっかけだ。

 熊井は単身赴任先の静岡工場で石鹸の製造機械のリース契約を任されていた。ところが、その契約金額が前年までの270万円から290万円へと値上げされていたことを森若が発見。日頃、熊井の経費の使い方に不信な点があったことから、森若は「不当に高い値段で取引し、先方から裏金を受け取っているのではないか」との疑念を持ち、直接、静岡工場に出向いて真相を確かめようとする。

 製造機械のリース元であるハマヤマ製作所の社長を森若が問い詰めたところ、熊井と共謀していたことが判明。熊井は退職することになってしまう。

「最初は数百円の領収書のごまかしだったのが、次第に金額が大きくなり、大事に発展することはよくある」というのは、『AI経理 良い合理化 最悪の自動化』(日本経済新聞出版社)など、経理に関する著書の多い「フリーランスの経理部長」前田康二郎氏だ。

「電車賃をごまかしたりしても数百円単位で咎められることは、ほとんどありません。それに味を占めて、次は飲食店での数千円、数万円というように段々金額が高くなり感覚が麻痺していく。そうした経理的な不正が社外で公になることは滅多になく、多額の横領事件など大事になってはじめて表沙汰になります。

 というのも、異常に高額な案件でなければ、経営者は外に出さず内々に処理しようとします。言うまでもなく、自社の信用問題になるからです。多くの場合、経理部長や人事部長、担当部署の部長、社長などとの話し合いの末に本人に引導を渡し、『自己都合』で退社という扱いにしているのです。『自分の周囲で不正なんて起きたことがない』と多くの人が思い込んでしまうのも仕方ありません」(前田氏)

 現実社会では、自らの不正が同僚に暴かれ糾弾される場面はどうもイメージしにくい。また、なかには「会社のカネは自分が稼いだもの」という意識の人もいて、“経費のごまかし”については罪悪感が希薄になるのかもしれない。だが、ドラマのようなケースは歴とした犯罪だ。

「領収書や発注書による不正は誰もがやってしまう可能性があります。真面目とか仕事ができるとかはあまり関係がなく、不正が許される環境があれば、その中で“最大限”やってしまうのが人間なのです。

 こうした不正を防ぐには、『不正には断固として厳しく対処する』ことを就業規則に書いて、入社時から常に社員によく申し伝えておくこと。そして、人事部や総務部と連携してスケジュールや日報と連動させるとか、金庫の管理を厳格にするなど、不正をしたくてもできない仕組みを徹底することです」(前田氏)

「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が渇く」──そう言ったのは19世紀のドイツの哲学者ショーペンハウアーだった。乾いた喉のせいで最初は飲んだ海水が甘美な味に思えても、それは知らず知らず自分を麻痺させる。だからこそ、経理というストッパーが必要になる。

 ドラマでは、不正を働いた熊井には病気で入院中の幼い娘がいて、お金が必要だった。高校時代の同期である経理の田倉は、不正に薄々気づいていながら正すことができなかった。森若は、自分の行動は正しいと信じながらも、同僚とその家族の人生を狂わせてしまったと、ひとりブランコに揺られて涙する。

 経理部員が同僚との間で引き裂かれて思い悩む事態になる前に、会社には不正を未然に防ぐ制度設計が必要だ。不正が簡単に見逃されるようなユルい会社であれば、社員は「正直者はバカを見る」と感じるようになり、社内の活力は失われていくばかりに違いない。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)