『M』ドラマ、あゆ役に安斉かれん、松浦氏役は岩田剛典との情報

『M』ドラマ、あゆ役に安斉かれん、松浦氏役は岩田剛典との情報

岩田剛典が松浦会長役に?

 歌手、浜崎あゆみ(40才)が、音楽プロデューサーでエイベックスの松浦勝人会長(54才)との交際を初告白した小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)が、爆発的な売れ行きを見せている。2度目の増刷で累計13万部を突破。来春には、テレビ朝日系で連続ドラマ化されることが、一部で報じられた。原作はノンフィクション作家の小松成美氏が執筆し、登場人物が実名で登場することから、「かなり生々しいドラマになるのでは?」と期待が高まっている。

 そこで気になるのが、ドラマの配役だ。ネット上では、ファンがあゆ役に沢尻エリカ(33才)や、“福岡で一番かわいい女の子”の異名を持つ今田美桜(22才)など複数の名をあげている。そんな中、最有力候補の1人として急浮上しているのが、シンガー・ソングライター、安斉かれん(20才)だ。

 あまり聞きなじみのない名前だが、実は安斉、エイベックスでも「ポストあゆ」と期待される気鋭の存在だ。東京・渋谷の人気ショップで“カリスマ店員”として働きながら、多くのファッション誌などに登場。「ポスギャル(ポスト・ミレニアム・ギャル)」として話題になった。金髪のギャル風ルックスは、あゆの全盛期を思わせる。中学、高校ではサックスに明け暮れ、「音楽の世界で生きていたい」と決意したという。

「エイベックスは“令和元日”の5月1日、安斉が16才のころに詞を書いた『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』でデビューさせています。そのことからも、新時代のスター候補として高い期待を寄せていることは明らかです。ドラマの主題歌も安斉が歌う可能性もあります」(音楽業界関係者)

 安斉も自身の公式ツイッターで、あゆ関連のつぶやきを連日、リツイートし続けるなど、ファンたちが「既にあゆ役が決定した」「年齢的にもちょうどいい」などと期待を寄せている。

 ただ、安斉は新人で演技経験も乏しい。その彼女を優しくリードする相手役も気になるところ。

「松浦さん役はさまざまな名前があがっています。松浦さんの繊細でアンニュイなイメージに合い、エイベックスとも関係のある人が候補でしょう。三代目J Soul Brothersの岩田剛典さん(30才)が有力視されています」(前出・音楽業界関係者)

 相手が経験豊富な岩田となれば、初演技の安斉でも不安は少なそうだが、果たして…?

関連記事(外部サイト)