アメリカ本格進出の小栗旬 「映画賞と無縁」が決断の理由か

アメリカ本格進出の小栗旬 「映画賞と無縁」が決断の理由か

「米国進出」の勝算は?(写真は7月下旬)

『ゴジラVSコング(仮)』(2020年公開予定)でのハリウッドデビューを目前に控えた小栗旬(36才)が、この8月に妻の山田優(35才)と2人の子供を連れてアメリカ・ロサンゼルスに渡った。本格的なハリウッド進出を見据えての決断だという。

 小栗は36才にして、あらゆるものを勝ち得た。多くの人気ドラマや映画に主演し、CM契約も多数。舞台では蜷川幸雄さん(享年80)など名演出家の信頼を獲得しており、私生活では2012年に結婚した山田との間に2人の子供に恵まれている。都内の高級住宅街に自宅を構え、近くにはプライベートスタジオまで建てている。

 経営者としての顔も持つ。自身を含め、田中圭(35才)、綾野剛(37才)、木村文乃(31才)ら人気俳優が多数所属する芸能事務所の取締役でもある。

 日本の芸能界において、小栗以上の成功者を見つけるのは難しい。なぜ、リスクの伴う米国進出を選択したのか。

「小栗さんは、芸能一家に育っています。父親は舞台監督で、母親はバレエの先生。兄は30才まで俳優として活動し、その後、舞台演出などの仕事をしている。舞台に立つこと、演じること、人から視線を浴びることが当たり前の環境で育ったのです」(舞台関係者)

 その影響もあり、小栗は小学生から子役として活動。15才でドラマ『GTO』(フジテレビ系)で連続ドラマのレギュラーの座を掴むと、その後、『ごくせん』(日本テレビ系)、『花より男子』(TBS系)、『信長協奏曲』(フジテレビ系)など、いくつもの話題作に出演してきた。

 順風満帆に見える役者人生だが、小栗と同世代で親交の深い藤原竜也(37才)や綾野剛、松田龍平(36才)らとは、ある種の“違い”があるという。

 それは日本映画界で最も権威のある『日本アカデミー賞』の受賞歴である。

「藤原さんは2001年に、『バトル・ロワイヤル』で優秀主演男優賞を受賞しています。2017年に綾野さんが『日本で一番悪い奴ら』で同賞を、松田さんは2014年に『舟を編む』で、個人として最高の賞である最優秀主演男優賞に輝いています。

 一方の小栗さんは、不思議なことにノミネートすらなく賞とは無縁。コメディーでもシリアスでもなんでもそつなくこなすのですが…代表作に恵まれていないと、辛口な意見を口にする関係者もいます」(テレビ局関係者)

 下の世代も育ってきている。2017年に多くの映画賞で主演賞を獲得した菅田将暉(26才)や声優としての評価も高い神木隆之介(26才)、そして今年エランドール賞新人賞を受賞した志尊淳(24才)などが“次”を見据える。

「演技論を交わすことが好きな小栗さんは、同世代や若手と話をするうちに、自分は何を目指したいのかを考えるようになっていったといいます。そして出した答えが、同世代では誰も成功していないハリウッド進出だったのではないでしょうか。小栗さんが小学校の卒業文集に将来の夢として『ハリウッド進出』と書き、会ってみたい人物に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスと『インディー・ジョーンズ』のハリソン・フォードを挙げているのは有名な話。原点に返り、一からのスタートを心に決めたのでしょう」(映画評論家)

 小栗クラスになると、日本では今さら脇役は難しい。必然的に型を破りにくくなり、役者として経験する幅も狭まってしまう。もう一段高いステージを目指すには、環境を変えるしかなかったのだろう。

 しかし、移住というわけではない。

「今回は期間を決めた一時的なものです。あくまでベースは日本。小栗さんは世界を視野に入れる準備期間と捉えているようです」(事務所関係者)

※女性セブン2019年9月19日号

関連記事(外部サイト)