ジャニー氏の独創的な命名、「たのきん」が浸透していった軌跡

ジャニー氏の独創的な命名、「たのきん」が浸透していった軌跡

「たのきんトリオ」は、ジャニー喜多川氏の独創的なネーミングセンスがいかんなく発揮された例

 9月4日、ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏の「お別れの会」が東京ドームで開かれた。現役所属タレント、OB、関係者、ファン合わせて約9万1500人を集め、故人の人望の厚さを窺わせた。

 ジャニー氏は「シブがき隊」、「光GENJI」、「SMAP」など独創的なグループ名を幾多も生み出してきた。その命名の歴史において、厳密なグループ名とは少し異なるが、異彩を放っているのが、1980年の「たのきんトリオ」だ。

 1979年、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役オーディションで田原俊彦、近藤真彦、野村義男の3人が合格する。金曜夜8時の同時間帯には視聴率25%を超える『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)があったため、当初は局内の期待も薄かった。しかし、10月26日に放送が始まると、回を重ねるごとに視聴率が上昇していき、彼らの人気にも火がついた。

 10代女性を読者層にする雑誌『週刊セブンティーン』は『金八先生』を精力的に扱った。1980年2月5日号では近藤真彦、鶴見辰吾、田原俊彦、野村義男の順番で4人の特集が組まれ、リード文には〈ユニークなキャラクターで人気上昇中の悪ガキ4人組〉と書かれている。その後、鶴見を除いた3人の特集にシフトしていき、誌面で“悪ガキトリオ”と呼ばれた。

 この例からもわかるように、ジャニー氏が3人をグループとして選抜したわけではない。『金八先生』の柳井満プロデューサーがオーディションで抜擢し、ドラマを契機に人気を集め、偶発的にトリオとして括られた。そのため、名前が定まっていなかったのだ。当時の記事を読むと、よくわかる。

〈三人ともジャニーズ・プロの所属だが、初めからトリオで売り出したわけではなく、これといった特徴もないのに、「金八」が終わる三月ごろから急に人気が出始め、“新々御三家”と呼ばれるようになった〉(読売新聞夕刊・1980年5月12日付)

 他にも“金八トリオ”(*1)、“太陽っ子トリオ”(*2)、“三Bトリオ”(*3)など新聞や雑誌によって呼称はバラバラだった。

【*1:スポーツニッポン・1980年5月12日付、*2: 平凡・1980年7月号、*3:デイリースポーツ・1980年5月12日付】

『金八先生』は視聴率30%を超えて社会現象になり、3人は5月26日開始の学園ドラマ『ただいま放課後』(フジテレビ系)への出演も決まった。

 そして、『たのきん族』という愛称が5月11日、ドラマのロケ地である本厚木の東京工芸大学グラウンドで行なわれた番組イベント『放課後青空カーニバル』で発表される。しかし、ファンは戸惑いを見せていた。

〈トリオ各人の名前の頭文字からとった新ニックネーム「たのきん(田野近)族」が発表されると「エーッ、カッコわるい」と落胆の声〉(報知新聞・1980年5月12日付)
〈「かっこ悪い」などと最初はブーブーいっていた〉(サンケイスポーツ・1980年5月12日付)

 この時、“族”はファンのことを指すという説明もあった。

 名付けられた当事者たちは、どう感じていたのか。のちに、田原俊彦は自伝で〈「たのきんトリオ」の響きはどこかおっちょこちょいなイメージがあり、今でこそ言えることだけれど、僕個人はあまりうれしくなかった〉(『職業=田原俊彦』2009年6月発行)と明かしている。

 近藤真彦も、野村義男と一緒に2012年11月12日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際、中居正広にこう話している。

〈中居:最初、たのきんトリオじゃないですか。それ言われた時って、自分で感じることありました?

近藤:たとえばさ、今のSexy Zoneとかさ。Hey! Say! JUMPもいいよ、V6もいいよ、KAT-TUNもいいよ、NEWSもいいよ。俺……「たのきん」だよ?

中居:あの、申し訳ないですけど、やっぱりジャニーさん、「平仮名はないな」って思ったんですかね。それ以降出てきてないんですもん、だって(笑)。〉

 おそらく、名付け親のジャニー氏以外、誰しも疑問に感じたネーミングだったのではないか。当時のスポーツ紙には、〈「愛称募集」には二万八千通のハガキが寄せられ〉(日刊スポーツ・1980年5月12日付)と公募で決まった旨が記述されていたが、ジャニー氏は10年後にこう明かしている。

〈一番ムチャクチャに言われたのが、“たのきんトリオ”。記者会見の席上で『冗談じゃないよね。ジャニーさん、いったい誰が考えたの』って記者の方に言われましたよ。まさか僕ですって名乗るわけにもいかないので『ホント、誰でしょうね』ってとぼけていたんですがね〉(SPA!・1990年7月4日号)

『たのきん族』はグループ名ではなく、あくまで愛称である。1999年に巨人・長嶋茂雄監督が2年目の高橋由伸を「ウルフ」と呼んだものの定着しなかったように、マスコミがいくら使っても大衆に受け入れられなければ、愛称は次第に消えていく運命にある。日付順に新聞や雑誌の見出しを挙げながら、浸透の軌跡を見てみよう。

〈悪ガキトリオ 田原俊彦・野村義男・近藤真彦 が素顔でワイワイしゃべった3時間〉(週刊明星・1980年6月22日号)
〈“タノキン・トリオ”上位独占〉(スポーツニッポン・1980年7月20日付 *マルベル堂のプロマイドランキングについて)
〈娘たちのニューアイドル「たのきんトリオ」という悪ガキのモテ方〉(週刊現代・1980年7月31日号)
〈この夏いちのフィーバー“たのきん族” ヤング・ギャルを熱狂させる「悪ガキトリオ」って何?〉(週刊ポスト・1980年8月15日号)
〈“たのきん”トリオ この人気の秘密 躍り出た“新々ご三家”〉(週刊読売・1980年9月28日号)

 発表当初は“悪ガキ”もあったが、徐々に“たのきん”も浸透。夏頃には、どちらも使用されるケースが目立っている。たとえば、1980年8月17日号の『週刊明星』はページによって、表記が分かれている。巻頭グラビアの写真や本文には“悪ガキトリオ”と記述されているが、活版の記事では〈たのきん台風直撃の夜!汗と涙とケガと…〉と見出しが打たれ、本文でも“たのきんトリオ”と書かれている。グラビアページと活版ページの担当編集者で認識が異なったと考えられる。

 10月2日、TBSで『たのきん全力投球』というレギュラー番組が始まる。これ以降、完全に“たのきん”が定着。ファンを意味した“族”ではなく、3人組を現す“トリオ”に変形して浸透していった。

 田原俊彦、近藤真彦、野村義男は『スニーカーぶる〜す』『ブルージーンズメモリー』などの映画、『たのきん全力投球』『笑ってポン!』などのテレビ番組で一緒に活動していた。しかし、3人揃った歌は、田原俊彦のデビュー曲B面の『君に贈る言葉(アフター・スクール)』、映画『グッドラックLOVE』の挿入歌『ときめきはテレパシー』の2曲だけ。シングルを出したことは1度もない。

 単なる愛称に過ぎなかった『たのきんトリオ』は徐々にグループ名のように扱われ、3人が1983年8月28日の大阪球場で解散コンサートを開くまでになった。

 誕生から40年近く経った今も“たのきん”は強烈なインパクトとともに、語り継がれている。ジャニー喜多川氏のネーミング浸透度は、突出していた。

■文/岡野誠:ライター・芸能研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では、関係者への取材をもとにジャニー喜多川氏の『哀愁でいと』『抱きしめてTONIGHT』などのプロデュース秘話も綴っている。9月28日15時から、東京・下北沢の本屋B&Bにて元CHA-CHAの木野正人とトークイベント開催予定。

関連記事(外部サイト)