城島茂はなぜ好かれるか、「東の江頭2:50、西の城島」の評も

城島茂はなぜ好かれるか、「東の江頭2:50、西の城島」の評も

左手薬指には指輪がキラリ。ファンからは順調交際を応援する声が

 TOKIOのリーダー・城島茂(48才)とグラビアアイドル・菊池梨沙(24才)の交際が順調であると先日、報じられたが、これに対してネットでは「安心した」「応援している」といった声が出ている。

「激動のTOKIO 城島茂が結婚すれば前向きに動き始めるか」という当サイトの記事に対しても「リーダーが結婚……最優先だろー、JK」といったツイートも書き込まれた。ここでいう「JK」とは「常識的に考えて」の略語だ。

 城島に対しては山口達也(47才)がTOKIOから脱退した後、残ったメンバー4人で『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でアウトドア系の道を究め続けていることが高く評価されている。9月1日の放送時の様子はツイッターのまとめサイト・togetterで以下のタイトルでまとめられ、約12万のアクセスを獲得している。

「多摩川のアユを救うため、クワをふるって19年の城島リーダーが“川底の石の耕し方”を市の職員に指導 #鉄腕DASH」

 ここでは、城島がなぜ今年は多摩川のアユが少ないかの理由を分析するとともに、増やすための対策を指導する様がまとめられた。アユの天敵であるスズキを捕獲したうえでパスタを作る様も紹介され「もう捕獲罠もプロの域だな、リーダー」と絶賛された。

 城島の特徴は「リーダー」と呼ばれる点にある。アイドルグループにおいてはSMAPの場合は中居正広が、嵐は大野智が、V6は坂本昌行がリーダーだが、城島ほど「リーダー」の呼称では呼ばれない。

 そしてこの「リーダー」という呼称はTOKIOのファンではない人にとっても親しみを感じる呼称になっている。長年ネットを見続けているネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、城島について「通常芸能人に対しては辛辣なコメントが多いものの、叩かれている状況をほぼ見たことがない。『東の江頭2:50、西の城島リーダー』と私は思っています」と語る。

 だからこそ、まとめサイト「NAVERまとめ」でも『愛すべき我らがリーダー、城島茂のほのぼのエピソード【TOKIO】』というまとめが存在し、これは約114万のアクセスを獲得している。

 さらにこのまとめの説明文には「アンチがほぼ皆無といってもいいTOKIOの愛すべきリーダー城島茂さんの心温まるエピソードをまとめてみました。」ともある。

 一体なぜここまで城島リーダーは愛されるのか。中川氏は「体を使って必死に頑張る人はネットでは応援される」と語る。

 TOKIOは全員体を使って畑を耕したり魚を獲ったりもする。江頭2:50は何もアピールすることなく被災地へ救援物資を運びに行ったり、オリンピックではコスプレをして客席に映り込む。こうした姿勢がウケているのだという。

 同様の傾向で愛されるキャラとしては照英、イモトアヤコ、出川哲朗、上島竜兵、そしてTOKIOの他のメンバーもそうだろう。昨今の報道によると、城島は菊池とお揃いのリングをはめ、双方の両親とも食事をしたという。結婚となれば、称賛の声が多数書き込まれるだろうが、前出・中川氏は「数字で計るのは難しいですが、南海キャンディーズ・山里亮太が蒼井優との結婚を発表した時と同じぐらい、ないしはそれを上回るほど祝福されるのでは」と予想する。

関連記事(外部サイト)