ジャニーズ事務所の分岐点「1994年の田原俊彦とSMAP」

ジャニーズ事務所の分岐点「1994年の田原俊彦とSMAP」

1994年に何が起こったのか(新しい地図の3人)

 9月14、15日の2日間、千葉県の袖ケ浦海浜公園で開催の『氣志團万博2019』。2日目の17時から田原俊彦、18時30分から新しい地図の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が登場。ジャニーズ事務所で一時代を築き、独立した者たちの共演はあるか。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)で、テレビ史やアイドル史を多角的に分析している芸能研究家・ライターの岡野誠氏が『1994年のジャニーズ事務所』を振り返る。

 * * *
 1980年以降のジャニーズ事務所を2つに区切るならば、1994年が大きな分岐点になる。

 1979年『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役に田原俊彦、近藤真彦、野村義男が選ばれ、1980年6月に田原が『哀愁でいと』、12月に近藤が『スニーカーぶる〜す』でデビュー。以降、事務所は黄金時代を築き、現在まで隆盛が続いている。

 しかし、この40年間で勢いの弱まった時期もあった。

 1989年から1990年にかけて、昭和のテレビ界を牽引してきた歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)、『歌のトップテン』(日本テレビ系)、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)が終了。歌番組を中心に売り出してきた事務所にとって、戦略を変えなければ生き残れない時代に突入した。そんな背景の中、1980年代の少年隊や光GENJIのように最初から爆発的に売れたわけではなかった1991年デビューのSMAPは、バラエティにも挑戦していった。

 その花が目に見える形で開くのは、1994年である。

 まず、当時の事務所の状況を振り返ってみよう。トップタレントは年齢や実績から考えて、32歳の田原俊彦だった。前年まで7年連続で連続ドラマに主演し、1992年にはドラマ『逃亡者』(フジテレビ系)の主題歌『雨が叫んでいる』がオリコントップテン入り。30代のジャニーズ事務所所属の歌手で初の出来事だったと思われる。その田原が、33歳を迎えた翌日の3月1日に独立する。当時、30歳を超えて事務所に残っているタレントは稀有であり、不思議なことではなかった。

 1980年代後半に大ブームを巻き起こした光GENJIは、8月のコンサートを最後に当時25歳の大沢樹生と23歳の佐藤寛之が脱退。光GENJI SUPER5に名前を変えるも、翌年9月に解散する。

 事務所を支えてきた両輪に動きがあった1994年、SMAP は3月に12枚目のシングル『Hey Hey おおきに毎度あり』で、初のオリコン1位を獲得。同作は、中居正広が主人公・田仲俊彦役を務めるなど、メンバー出演の映画『シュート!』の挿入歌だった。

 4月には、中居と香取慎吾が『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーに抜擢される。生放送でアドリブの要求されるバラエティに、アイドルが起用されるのは異例だった。当時、香取は中居から〈『笑っていいとも!』のオープニングで、「いいとも」ってみんなで言うとき、なんで口パクなの?〉と質問を受け、こう答えている。

〈最初のころは…口パクでした(笑)。なんとなく、言えなかったの。最初は緊張したねー。今でも緊張してるよ。だって、あの番組は、もう3千回もやってるんだよ!? その中に、いきなり入るんだから、やっぱりプレッシャーあるよ〉(『POTATO』1994年8月号。一部抜粋)

 毎週、プレッシャーに対峙したことが大きな飛躍に繋がっていく。

 1994年は、テレビ界が“歌番組冬の時代”から脱却した年でもあった。フジテレビは10月17日開始の『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』で、司会のダウンタウンが歌手に遠慮なく突っ込みを入れていくトークスタイルを取り入れる。すると、開始6回目で20.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と大台を超え、人気番組に成長していった。

 いつの時代も、ヒットが出ると同業他社は追随する。1995年4月の改編では、民放で10個もの歌番組がスタート。そして、1996年にとんねるず石橋貴明とSMAP中居正広司会の『うたばん』(TBS系)が始まり、歌手にもトーク能力や笑いの取れるキャラクターが求められるようになっていった。

『HEY!HEY!HEY!』単体で見れば、SMAPは1995年7月10日に初出演し、その後は1996年2月5日、7月29日に登場したものの、以降は約15年出演しなかった。

 しかし、トークを中心にした『HEY!HEY!HEY!』をきっかけに、歌番組は再興した。創業以来、歌って踊るスタイルを崩していないジャニーズ事務所にとって、大きな出来事だった。しかも、既にバラエティに進出していたSMAPにとって“歌とお笑いの融合”がテレビ界に波及したことは願ったり叶ったりの状況だった。

 このようにジャニーズ事務所を語る時、1994年は大きなターニングポイントとなる。

 田原は1995年に『笑っていいとも!』のレギュラーに抜擢されるなど独立直後は大きく露出が減ったわけではなかったが、1990年代後半にはテレビ出演が少なくなっていく。田原とSMAPは1995年4月5日放送の『’95夜のヒットスタジオ・グレートアーティスト・超豪華!春のスペシャル』(フジテレビ系)を最後に共演していない。この時、テレビ画面上で会話を交わしたシーンはなく、一緒に歌ったわけでもない。

『氣志團万博』で、ジャニーズ事務所を再興させた田原俊彦、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾という4人が何らかの形で絡めば、大きな話題になるのは間違いない。 

■文/岡野誠:ライター・芸能研究家。本人へのインタビューや関係者への取材、膨大な資料から解き明かした著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題。9月17日、山梨YBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス!!』出演。9月28日、東京・下北沢の本屋B&Bにて元CHA-CHAの木野正人とトークイベント『ジャニー喜多川氏を語ろう』を開催。

関連記事(外部サイト)